『黄金虫・アッシャー家の崩壊』 エドガー・アラン・ポー(岩波文庫)

黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)
(2006/04/14)
ポオ

商品詳細を見る

書名:黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇
著者:エドガー・アラン・ポー
訳者:八木 敏雄
出版社:岩波書店
ページ数:410

おすすめ度:★★★★★




短編の名手として知られるポーの作品のうち、代表作である『黄金虫』と『アッシャー家の崩壊』を収録したのがこの本だ。
読み応えのある短編を数多く残しているポーの場合、短編集にどれを収めることにするか決定するのは非常に困難な作業であろうが、この岩波文庫版は量と質の両面からいって、たいへん充実したセレクションとなっている。
ポーを初めて読む人にもお勧めできる優れた短編集だ。

『アッシャー家の崩壊』は、ポーの全作品の中で最も知られたものの一つである。
不気味な雰囲気の漂う館を舞台にした、語り手の体験する不思議な体験を綴った傑作中の傑作だ。
一般にゴシック小説というジャンルに分類されており、併録されている『リジーア』や『群集の人』、『赤死病の仮面』や『アモンティラードの酒樽』などと合わせて読めば、ポーの描く怪しげな世界の虜となる読者も出てくることだろう。

『アッシャー家の崩壊』とは異なり、推理小説風の傑作として知られるのが『黄金虫』だ。
今日的な観点からすると『モルグ街の殺人』などと比べて不完全な意味でのミステリーであるが、暗号文をきわめて論理的に謎解きしていく書きぶりは、頭脳派の作家であるポーらしさが全面に打ち出されている。
数あるポーの作品のなかでも、筋の面白さが抜群の作品なので、ポーの短編を読むなら『黄金虫』は絶対にはずせないと思う。

欧米のみならず、ポーに由来するペンネームを持つ江戸川乱歩を筆頭に、この日本においても、ポーが文学界に与えた影響は計り知れない。
ポーの緻密さ、凝縮された文体、芸術品としての完成度の高さ、新ジャンルの確立・・・ポーの残した功績と、いまだに高く評価され続ける所以、これをぜひ味わっていただきたいと思う。
スポンサーサイト

『黒猫/モルグ街の殺人』 エドガー・アラン・ポー(光文社古典新訳文庫)

黒猫/モルグ街の殺人 (光文社古典新訳文庫)黒猫/モルグ街の殺人 (光文社古典新訳文庫)
(2006/10/12)
ポー

商品詳細を見る

書名:黒猫/モルグ街の殺人
著者:エドガー・アラン・ポー
訳者:小川 高義
出版社:光文社
ページ数:219

おすすめ度:★★★★★




ポーの代表作として『黒猫』と『モルグ街の殺人』などを収録した光文社の古典新訳文庫。
『アモンティラードの酒樽』が重複するが、岩波文庫の『黄金虫・アッシャー家の崩壊』と合わせて読めば、ポーの小説の有名どころはだいたい押さえることができる。
活字が大きく読みやすいだけに、物足りなさを感じないわけではないが、『黒猫/モルグ街の殺人』がポーを楽しむ上で手頃な本であることは間違いない。

主人公の自意識の巧みな掘り下げが魅力である『黒猫』は、作品自体が短いということもあり、ポーの全作品の中でも特に緻密に仕上げられたものの一つで、結末まで一気に読み通すことができる。
合理的に展開される心理描写が読者を引き込んでいく力の強さは、さすがはポーであると言うしかない。
併録されている『告げ口心臓』も、同様のジャンルの作品として邦訳されることの多い傑作の一つだ。
また、『ウィリアム・ウィルソン』は、取り扱っているテーマがドストエフスキーの『二重人格』に似通っているので、比べて読んでみるのも面白いと思う。
『早すぎた埋葬』は、落ちの秀逸さで長く記憶に留まる作品だろう。
黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)
(1978/12/18)
ポオ

商品詳細を見る

『黒猫』と『モルグ街の殺人』を表題に掲げた本は、右に示すように、少々版が古いが岩波文庫からも出されている。
こちらは『マリ・ロジェエの迷宮事件』と『盗まれた手紙』も収録されていて、いわゆる「デュパンもの」と呼ばれるミステリー草創期の三作品を網羅しているので、そちらの方面に興味のある人には非常にお勧めだ。
「デュパンもの」三編を読み通せば、『モルグ街の殺人』だけでは短編の一登場人物に過ぎないという印象を与えかねないデュパンが、ホームズをはじめとする数々の名探偵の原形であることをおわかりいただけるに違いない。

短編小説やミステリー小説を文学ジャンルとして確立したポーの影響は、後世の多くの作家に及んでいる。
ポーの作品を知っておけば、後の作家の作品中にポーの遺伝子を見出すという楽しみ方も可能となるだろう。
そういう意味では、『黒猫』や『モルグ街の殺人』は欧米文学の古典中の古典の一つと言ってもいいのかもしれない。

『ポオ評論集』 エドガー・アラン・ポー(岩波文庫)

ポオ評論集 (岩波文庫)ポオ評論集 (岩波文庫)
(2009/06/16)
八木 敏雄

商品詳細を見る

書名:ポオ評論集
著者:エドガー・アラン・ポー
訳者:八木 敏雄
出版社:岩波書店
ページ数:323

おすすめ度:★★★☆☆




短編小説家、詩人としてのみならず、評論家としても活動していたポーの評論を集めたのがこの『ポオ評論集』だ。
ポーの詩に対する考え方や、ディケンズやホーソーンなど、日本でもよく知られた同時代の作家の作品に関する評論を収めていて、そのすべての評論がとは言わないまでも、たいていは非常に興味深く読むことができる。
ポーに関心のある人や、ポーの活躍した時代のアメリカ文学に興味のある人にはお勧めの一冊だ。

収録されている評論の中で、最も読み応えのあるのは『詩作の哲学』だろう。
この中でポーは、詩人としてのポーの名を一躍有名にした彼の代表作である『大鴉』の成立過程について詳述している。
詩で扱うモチーフの選び方から、使用する単語の音としての効果や、そもそも適切な詩の長さとはどの程度なのかについてまで説明し、アメリカの詩で最も有名なものの一つである『大鴉』ができるまでの過程を非常に分析的かつ論理的に解説してくれるのだ。
すべての記述を鵜呑みにするのは安直に過ぎるかもしれないが、一つの詩論として読むとたいへん興味深い文章である。

また、ディケンズやクーパーの作品に対する批評も面白い。
必ずしも文学批評としての傑作ではないかもしれないが、他者の作品のどこを褒め、どこを難じるのかによって、ポー自身が短編小説を書く際のスタンスを察することができる。
読者に及ぼす心理的効果を重視して作品を仕上げていたポーらしい評言にも出会うことだろう。

本作は評論集ということもあり、あまり一般には受けないものと思われる。
実際、ポーを知っているからこそ楽しめる部分が大きいので、できればポーの短編小説をいくつかと、そして彼の詩の代表作である『大鴉』を読んだ上で手にしていただければと思う。

『ポー詩集―対訳』 エドガー・アラン・ポー(岩波文庫)

ポー詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)ポー詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)
(1997/01/17)
エドガー・アラン・ポー

商品詳細を見る

書名:ポー詩集―対訳
著者:エドガー・アラン・ポー
訳者:加島 祥造
出版社:岩波書店
ページ数:201

おすすめ度:★★★☆☆




日本では短編小説家としてよく知られるポーは、英米では詩人としても有名で、そんな彼の代表的な作品をほぼ網羅しているのがこの『ポー詩集―対訳』だ。
岩波文庫から出ている同じ対訳詩集でも、『対訳 バイロン詩集』などはオリジナルの詩が長大なために一部分の抜粋を連ねるという形になってしまうのだが、一篇の詩があまり長くないポーは、そのすべてを掲載することができる。
そういうわけで、ポーの詩はいくつかある有名作品を一冊にまとめることが可能であり、それらをまとめたものがこの『ポー詩集―対訳』である。

同じアメリカの詩人といっても、ポーの作風はホイットマンのそれと大いに異なり、どちらかといえば内向的で、あまり明るいテーマではない作品が多いように感じられる。
決して満ち足りた生涯を送ったわけではないポーの悲しみを歌ったものも多く、それらはきっと読者の琴線に触れるはずだ。

この詩集と合わせて読むのなら、『ポオ評論集』の中の『詩作の哲学』が最適だろう。
ポー自らが『大鴉』の成立過程を詳述していて、いわば作者自らが物した『大鴉』の解説である。
英米文学の教授をしていたボルヘスも、国書刊行会から出された『ボルヘスの北アメリカ文学講義』という本の中で、『大鴉』と『詩作の哲学』について言及している。
その言及の比重が、北米文学をざっと俯瞰するための本のわりに非常に大きく、ボルヘスのポーへの、またポーの詩への関心の高さを示していると言っていいだろう。
いずれにしても、『詩作の哲学』を読めば、ポーの詩から受ける印象は大きく変わってくるに違いない。

ポオ評論集』と同様、詩集ということで一般受けは望めないかもしれないが、詩作品としては非常に読みやすい部類に入ると思う。
難解な単語には脚注が付されてもいるので、ほぼ同時代のアメリカの詩人であるディキンソン同様、英詩の初心者が手にするにふさわしい一冊だろう。

『大渦巻への落下・灯台』 エドガー・アラン・ポー(新潮文庫)

大渦巻への落下・灯台: ポー短編集III SF&ファンタジー編 (新潮文庫)大渦巻への落下・灯台: ポー短編集III SF&ファンタジー編 (新潮文庫)

書名:大渦巻への落下・灯台: ポー短編集III SF&ファンタジー編
著者:エドガー・アラン・ポー
訳者:巽 孝之
出版社:新潮社
ページ数:241

おすすめ度:★★★★




表題作を含むポーの短編七編を収録しているのが本書『大渦巻への落下・灯台』である。
厳密な意味合いで言うと「SF&ファンタジー編」という副題から逸れる作品もあるような気がしてしまうし、ポーを初めて読む方に真っ先にお勧めしたい一冊というほどでもないのだが、個々の作品の質の高さのおかげで、ポーに関心のある読者の期待を十分に満たしてくれる短編集にはなっていると思う。

本書は表題作である『大渦巻への落下』と『灯台』の他に、『使い切った男』、『タール博士とフェザー教授の療法』、『メルツェルのチェス・プレイヤー』、『メロンタ・タウタ』、『アルンハイムの地所』を収録している。
実在するメールシュトレームの渦潮を扱った『大渦巻への落下』は秀逸かつ有名な作品であり、渦潮の規模に対して随分と誇張が見られるとはいえ、SF作品としての面白さには文句のつけようがない。
精神病院を舞台とした『タール博士とフェザー教授の療法』も、ポーが執筆していた時代を考え合わせれば、大いに先進的な作品だと言えるだろう。

本書の中では『メルツェルのチェス・プレイヤー』と『灯台』が少々異色な作品となっている。
前者は実在の自動機械に関するノンフィクションの論考であるし、後者はポーの未完の遺作であり、その書き出しからは尋常ならざる展開を予想させるものの、残念なことに4ページであっけなく終わってしまう。
これらの二作品に関しては、楽しめる読者が少し限られるかもしれない。

本書の収録作品は全般に『黒猫』や『モルグ街の殺人』などと比べると知名度の点では格段に劣るが、それだけ出来栄えも劣るのかというとそうではない。
特に『大渦巻への落下』や『アルンハイムの地所』あたりは、過去に文学全集のポーの巻でお目にかかることがあった程のもので、かねてより評価は高かったはずである。
新刊の珍しい新潮文庫の海外古典作品に選ばれるにはやはりそれなりの理由があるのであって、本書はポーに興味のある方ならば確実に楽しめる一冊と言えるだろう。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク