『愛神の戯れ―牧神劇「アミンタ」』 タッソ(岩波文庫)

愛神の戯れ――牧神劇『アミンタ』 (岩波文庫)愛神の戯れ――牧神劇『アミンタ』 (岩波文庫)
(1987/05/18)
トルクァート・タッソ

商品詳細を見る

書名:愛神の戯れ―牧神劇「アミンタ」
著者:トルクァート・タッソ
訳者:鷲平 京子
出版社:岩波書店
ページ数:273

おすすめ度:★★☆☆☆




アリオストと並び、ルネサンス後期を代表するイタリア詩人であるトルクァート・タッソの代表作の一つ、『愛神の戯れ―牧神劇「アミンタ」』。
オリジナルのタイトルは、本文庫で副題とされている『アミンタ』のほうで、『愛神の戯れ』というのは内容に照らして付けられたものであり、あくまで意訳である。
個人的に、作品の顔であるタイトルの改変をあまり好まない上に、『愛神の戯れ』というのもあまり優れたタイトルではないように思うのだが、他の方々はどのように感じられるだろうか。

愛神、すなわちキューピッドが愛の種を蒔くという設定から話が始まる。
恋する男と、つれない素振りでそれをあしらう女、そしてそれぞれに相談役の友人。
いわゆる「愛神の戯れ」で幕が開いた牧歌劇は、登場人物が非常に少なく、筋の把握はきわめて容易である。
その中に一人、タッソ本人とみなすことのできる人物がいて、彼の言葉は読者の注意を引くことだろう。
しかしながら、「牧歌劇」というジャンルを確立したとして文学史の中での評価は高い作品かもしれないが、ストーリーの内容自体はやや月並みな感じがする。

本書には、日本ではあまり知られていないタッソの生涯についても、文庫版にしては十分すぎるほどの解説が付されている。
それを読む限りでは、タッソは非常に波瀾に富んだ人生を送っていたようだ。
タッソの生涯に関心を寄せたゲーテが、『トルクワートー・タッソー』という作品を執筆していることからも、その関心の高さが推察される。
ここではタッソが精神異常と判断されて病院に幽閉されていた時期があると紹介するだけで十分だろうか。

この『愛神の戯れ―牧神劇「アミンタ」』は、ウェルギリウスの『牧歌』に連なる作品として読むことができる。
そういう意味では、牧歌風作品の歴史の中では重要な一環を成していると言えるだろうが、作品自体のインパクトが強いとは言いがたい。
いずれにしても、タッソの作品に興味がある方には『エルサレム解放』のほうをお勧めしたい。
スポンサーサイト

『エルサレム解放』 タッソ(岩波文庫)

タッソ エルサレム解放 (岩波文庫)タッソ エルサレム解放 (岩波文庫)
(2010/04/17)
トルクァート・タッソ

商品詳細を見る

書名:エルサレム解放
著者:トルクァート・タッソ
訳者:鷲平 京子
出版社:岩波書店
ページ数:560

おすすめ度:★★★★




タッソの代表作である『エルサレム解放』は、そのままイタリア・ルネサンス文学の代表作でもある。
18、19世紀にはこの作品に言及している作家が数多く存在したし、絵画やオペラなどにも数々のテーマを提供してきている古典中の古典の一つだ。
日本での知名度はいまひとつだが、それというのもろくに翻訳・紹介されてこなかったからだろう。
文庫版での出版を機に、『イリアス』や『狂えるオルランド』に連なる英雄叙事詩の傑作として多くの読者を獲得することを期待したい。

ストーリーの本筋は、十字軍の第一次遠征である。
当然のことながら、『エルサレム解放』との表題からも予想できるとおり、やはり圧倒的にキリスト教的な視点で描かれているが、宗教臭くてつまらないという印象を受けることはなく、神に仕える騎士たちとそれを迎え撃つイスラム戦士の攻防は非常に読み応えがある。
とはいえ、本書はオリジナルの『エルサレム解放』を三分の一程度に圧縮した抄訳なので、ひょっとすると退屈な部分を省いただけなのかもしれないが・・・。
アンニーバレ・カラッチ『リナルドとアルミーダ』
表紙にはアンニバーレ・カラッチの『リナルドとアルミーダ』が使用されている。
奥の茂みから兜をかぶった兵士が仲睦まじい男女を覗き見しているという構図は、どこか『スザンナの入浴』を思わせる。
余談ながら、昨年、非常に運良くこの絵が来日していたようで、私は京都でそれを見ることができた。
実物は幅数メートルの大作なので、それを文庫本の表紙にしてしまうとカラッチの迫力が大いにそがれてしまうのがいささか残念にも思われるが、作品の雰囲気を伝える絵画としては素晴らしい選択だろう。

これまで翻訳のなかった『エルサレム解放』が、手にしやすい文庫版で出版されたというのは非常に喜ばしいことだ。
しかし、ただ一つ難を言うならば、それが抄訳だということ。
あらすじの説明は付されているので話の筋がわからなくなることはないが、古典的名作だけにできれば全訳で読みたかった、というのが素直な感想だ。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク