『ボヴァリー夫人』 フローベール(新潮文庫)

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)ボヴァリー夫人 (新潮文庫)
(1997/05)
フローベール

商品詳細を見る

書名:ボヴァリー夫人
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:生島 遼一
出版社:新潮社
ページ数:500

おすすめ度:★★★★★




言わずと知れたフローベールの代表作がこの『ボヴァリー夫人』であるが、これは同時に彼の出世作でもある。
文学史においては、風俗紊乱のかどで訴えられた作品というものがいくつか存在するが、『ボヴァリー夫人』はそれらの中で最も有名なものの一つであり、その裁判のおかげでフローベールの文名が確立されたという経緯もある。
私は個人的にはフローベールの作品の中で『感情教育』を最も好んでいるが、そうはいってもフローベールの作品で真っ先に手に取るべきはやはりこの『ボヴァリー夫人』であるように思う。

『ボヴァリー夫人』は、おそらく主人公であるボヴァリー夫人の心理の描写が最大の読みどころになってくるはずだ。
冷たく鋭い書きぶりでヒロインの心情を浮き彫りにしていく優れた技巧には、今日でこそその新しさを感じることはできないかもしれないが、フローベールが写実主義文学の祖と呼ばれるのを納得させるだけのものがある。
「不道徳」なボヴァリー夫人の行く末を追っていくだけでなく、フローベールの書き方にも注意を払いながら読めば、『ボヴァリー夫人』の面白さは倍増するに違いない。

しばしばフローベールの作品は退屈であるという感想を耳にすることもあるが、それは文学作品としての完成度の高さが一因ではないかと思うのだがいかがだろうか。
フローベールは推敲に推敲を重ねることでも知られており、緻密に過ぎる仕上がりの作品を目指したがために、いくらか一般受けをしにくい作品となっているのは事実だろう。
そういう意味では、文学史における重要性や芸術作品としての出来栄えよりも、読み物としての面白さを期待している読者には、フローベールという作家はあまりお勧めできないかもしれない。

フローベールの発言とされるものの一つに、「ボヴァリー夫人は私だ」というのがある。
その真意を読み解くがためにも、『ボヴァリー夫人』は一読の価値ある小説であるように思う。
スポンサーサイト

『感情教育』 フローベール(岩波文庫)

感情教育〈上〉 (岩波文庫)感情教育〈上〉 (岩波文庫)
(1971/03/16)
フローベール

商品詳細を見る
感情教育〈下〉 (岩波文庫)感情教育〈下〉 (岩波文庫)
(1971/04/16)
フローベール

商品詳細を見る

書名:感情教育
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:生島 遼一
出版社:岩波書店
ページ数:401(上)、338(下)

おすすめ度:★★★★★



ボヴァリー夫人』と並び、フローベールの代表作とされるのがこの『感情教育』である。
フローベールの代表作として絶対的な地位を築いている『ボヴァリー夫人』と比べると、同じ代表作であるにもかかわらずやや地味な存在かもしれないが、作品としての完成度の点において劣っているわけではないように思うし、両方を読んだ読者の間で『ボヴァリー夫人』と人気を二分するとまでは言えないにせよ、『感情教育』の方を好むという読者も少なからずいるはずだ。
かく言う私も『感情教育』派の一人なので、フローベールに、19世紀のフランス文学に興味のある方には強くお勧めしたい作品だ。

若き青年フレデリックは、とある船の上でアルヌー夫妻と知り合いになり、その妻であるアルヌー夫人に恋心を抱いてしまう。
アルヌー家に出入りするようになったフレデリックと夫人の恋の行方はいかに・・・。
ボヴァリー夫人』の読者であれば、その筋書きが思い出されることだろう。
2月革命前後のパリを舞台にした作品でもあるので、作中にはその特異な時代性も垣間見られ、ストーリー展開との絡み合いもまた読者の興味をそそるに違いない。

歴史に名を残す文豪の中にも女性像が一面的だと指摘される作家がしばしばいるものだが、フローベールはその逆に女性像を創造する筆力に長けている作家の一人だ。
そしてその優れた人物像の代表格がボヴァリー夫人とアルヌー夫人で、この二人は似ているようでもあり似ていないようでもあり、作品中においてそれぞれが独特の存在感を放っているので、フローベールの描いた女性に注目して読んでみるのも面白いように思う。
とはいっても、あえて注目をせずとも自ずと女性像が記憶に焼き付けられるのがフローベールのすごさでもあるのだが。

例によって執筆に数年の歳月を費やし、フローベールが自信をもって世に送り出した『感情教育』は、今でこそフローベールの代表的な作品の一つに数えられているものの、発表当時は予想外に評判が悪かったらしい。
しかし、異国の地である日本においてもいまだに読まれ続けていることが、作品の秘めている魅力を何よりも如実に物語っているだろう。
ぜひ『ボヴァリー夫人』と合わせて読んでみていただきたい作品だ。

『ブヴァールとペキュシェ』 フローベール(岩波文庫)

ブヴァールとペキュシェ (上) (岩波文庫)ブヴァールとペキュシェ (上) (岩波文庫)
(1954/10/25)
フロベール

商品詳細を見る
ブヴァールとペキュシェ (中) (岩波文庫)ブヴァールとペキュシェ (中) (岩波文庫)
(1955/04/05)
フロベール

商品詳細を見る

ブヴァールとペキュシェ (下) (岩波文庫)ブヴァールとペキュシェ (下) (岩波文庫)
(1955/05/05)
フロベール

商品詳細を見る

書名:ブヴァールとペキュシェ
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:鈴木 健郎
出版社:岩波書店
ページ数:210(上)、192(中)、158(下)

おすすめ度:★★★★




フローベールの死によって執筆が中断された未完の長編作品がこの『ブヴァールとペキュシェ』である。
フローベール関連の文章を読んでいるとかなりの頻度でそのタイトルに出くわすに違いない作品で、彼の代表作の一つにその名を挙げられることもあるぐらいだが、まれに復刊にあることはあっても、邦訳は入手しづらい状態が続いている。
作品の性質上、一般受けはしにくいかもしれないが、フローベールに関心のある方であれば必ずや押さえておきたい作品だ。

初老の紳士ブヴァールは、ひょんなことから生活に困らないだけの財産を持つことになった。
彼は気の合う親友ペキュシェを誘い、仕事を辞めて田舎で隠遁生活を始める。
そして彼らは知的好奇心の赴くままに、次から次へと多方面にわたる研究と実践を繰り広げることとなるのだが・・・。
風刺色が強い作品なので、『ボヴァリー夫人』や『感情教育』の読者には少々意外な作品に思えるかもしれないが、『紋切型辞典』にも見られるように、フローベールにとって風刺性は重要なファクターの一つでもあるから、それが存分に発揮された小説作品である本書は、フローベールに接近するためには貴重な作品であるということができるだろう。

百科全書的な『ブヴァールとペキュシェ』を書き上げるにあたり、フローベールがその準備のために行った読書の量の膨大さは有名だ。
農業、医学、文学、政治と、ブヴァールとペキュシェが関心を示す分野が広大であるだけに、作者の予備知識もそれを網羅していなければならないというのは理の当然ではあるが、それにしてもフローベールの一見やり過ぎとも思える徹底した姿勢からは、己の限界まで作品の完成度を高めていこうという芸術家気質が窺えるというもので、彼の生み出した作品に接する読者は畏敬の念すら抱いてしまうのではなかろうか。

未完の遺作であるとはいえ、全三冊に及ぶ『ブヴァールとペキュシェ』は、それなりにひとまとまりの作品に仕上がってはいる。
新品の入手が難しく、中古品でさえ定価以上で売られていることもしばしばではあるが、フローベールという作家像を完成させるためには『ブヴァールとペキュシェ』は必要不可欠なピースであるはずだ。
ボヴァリー夫人』とは一味違うフローベールを楽しみたい方にお勧めしたい。

『紋切型辞典』 フローベール(岩波文庫)

紋切型辞典 (岩波文庫)紋切型辞典 (岩波文庫)
(2000/11/16)
フローベール

商品詳細を見る

書名:紋切型辞典
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:小倉 孝誠
出版社:岩波書店
ページ数:316

おすすめ度:★★★☆☆




フローベールが、本来の語の意味とは異なる、当時の通俗的な観念や偏見を集めて編んだ辞典がこの『紋切型辞典』である。
全編にわたって風刺と皮肉に満ち満ちており、風刺性を強めていった晩年のフローベールを知る上で格好の作品であることは間違いなく、『ブヴァールとペキュシェ』の読者であれば、その構想や執筆の経緯などもあって、大いに楽しめるはずの一冊だ。
フランス文学の系譜の面においても、偉大な先人ラ・ロシュフーコーの『箴言集』に連なるものであると言えるのではなかろうか。

本書のページを繰っていくうちに、よくもここまでアイロニーあふれる定義を集めることができたものだと、読者はフローベールのユーモアセンスには舌を巻かざるをえないはずだ。
定義自体はきわめて短いながらも各々の項目はよくできている。
これは余談ながら、最近では「紋切型」という語の意味がわからない人が増えているらしい。
この『紋切型辞典』の存在が、「紋切型」という語の保存・普及に一役買ったとすれば、違った意味で辞典としての役割を担うことになるかもしれない。
悪魔の辞典 (角川文庫)悪魔の辞典 (角川文庫)
(1975/04)
アンブローズ ビアス、奥田 俊介 他

商品詳細を見る

『紋切型辞典』の読者にお勧めしたいのが、アメリカの作家であるビアスによる右の『悪魔の辞典』だ。
痛烈な皮肉によって社会を切り裂く鋭い視点はフローベールと似通っているが、それぞれの生きた時代性と地域性が異なるため、編まれた語などに若干の差異が見られる。
二つの辞典を比較対照してみるのも興味深いことだろう。

項目とその説明の羅列という、小説でも戯曲でもなく、詩でも評論でもないという独特のスタイルゆえに、いくらか抵抗を感じられる方もいるかもしれない。
確かに、読者の心に感動を呼び覚ますような作品ではないのだが、機知に富んだユーモアのエッセンスが詰まっているのは事実だ。
斜に構えたフローベールだけでなく、当時の俗なフランス社会の実態を窺い知ることのできる本として、空いた時間にぱらぱらめくってみてはいかがだろうか。

『聖アントワヌの誘惑』 フローベール(岩波文庫)

聖アントワヌの誘惑 (岩波文庫 赤 538-6)聖アントワヌの誘惑 (岩波文庫 赤 538-6)
(1986/07)
フローベール

商品詳細を見る

書名:聖アントワヌの誘惑
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:渡辺 一夫
出版社:岩波書店
ページ数:

おすすめ度:★★★☆☆




フローベールが若い頃の着想を温め続け、数十年の時を経て完成させたのがこの『聖アントワヌの誘惑』だ。
岩波文庫の表紙で「夢幻劇的小説」と紹介されているが、小説と呼ぶにはあまりに戯曲風の作品で、きわめてト書きの多い戯曲とでも言う方が正確であるように思う。
類似の作品としては、フローベールが愛読していた作品でもあるゲーテの『ファウスト』が挙げられ、両者を読み比べてみるのも興味深いに違いない。

聖アントワヌとは、日本ではラテン名の聖アントニウスが一般的であるように思われるが、砂漠で苦行の日々を送ったエジプトの聖者のことである。
禁欲生活を送るアントニウスに対する誘惑は、ドイツなどの北方系の画家に好まれていた題材でもあり、実際に本書はブリューゲルの『聖アントニウスの誘惑』を最大のインスピレーション源としているようで、混沌としたブリューゲルの絵画にも似た独特の作品世界ができあがっている。
単に物質的な欲望をそそるだけではなく、キリスト教への信仰自体をも揺さぶるような誘惑があの手この手を尽くして行われ、読者はブリューゲルの絵画を横長に引き延ばした絵巻物を見ているかのような印象を受けるのではなかろうか。

しかしながら、『聖アントワヌの誘惑』は決して一般読者向けの作品ではない。
フローベールの築き上げた幻想世界こそが本書の醍醐味であるとはいえ、人々が幻想的なものに慣れ親しんでしまっている今日、本に書かれた幻想で多くの読者を獲得するには限界があるだろうし、巻末に30ページにも及ぶ固有名詞の索引が付けられていることからもわかるように、『聖アントワヌの誘惑』には異端とされるキリスト教の宗派や、ギリシア・ローマやアジアの神々などが数多く名を連ねており、フローベールの言わんとするところのすべてを理解しながら鑑賞するのは非常に困難であるはずだ。
論文の対象にするのであればこれほど格好の作品もないだろうが、読書に楽しみを求める方には少々荷が重い作品であるように思う。

そうはいっても、フローベールに興味のある方であれば彼が半生をかけて仕上げた『聖アントワヌの誘惑』に賛嘆の念を抱くことは間違いないだろうし、文学的には高い価値のある希少な作風の一冊であることもまた確かだ。
フローベールや幻想文学に関心のある方にお勧めしたいと思う。

『三つの物語』 フローベール(岩波文庫)

三つの物語 (岩波文庫)三つの物語 (岩波文庫)
(1940/06/18)
フローベール

商品詳細を見る

書名:三つの物語
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:山田 九朗
出版社:岩波書店
ページ数:215

おすすめ度:★★★★




フローベール晩年の作品集がこの『三つの物語』で、その表題のとおり三つの短編作品が収められている。
ブヴァールとペキュシェ』を執筆中だったフローベールが金策のために手掛けた作品集ということらしいが、時代や舞台のまったく異なるストーリーを集めた『三つの物語』は、それまで幅広い地域・年代を小説の題材にしてきていたフローベールらしさを一冊の本で味わうことも可能となっているため、フローベールに関心のある方には非常にお勧めできる作品だ。

『三つの物語』の収録作品は、『まごころ』、『聖ジュリアン伝』、『ヘロディアス』の三つ。
『まごころ』は、19世紀フランスの純朴な一人の女の生涯を描いたもので、フローベールの的確な筆さばきが非常に冴えわたっている。
一方、『聖ジュリアン伝』は中世に生きた聖人、聖ジュリアンの生涯を描いたものとなっていて、フローベールの生地であるルーアンの大聖堂にあったステンドグラス「聖ジュリアン一代記」をインスピレーション源とした作品だ。
そして『ヘロディアス』はというと、数多くの画家によっても題材とされてきた「サロメ」のテーマを扱ったもので、どういう経緯でサロメの母であるヘロディアスがヨハネの首を求めることになったのかも含めて詳細に描かれているので、ワイルドの『サロメ』の解説的な作品として読むのも悪くないと思う。
こちらもルーアンの大聖堂にサロメの舞いとヨハネの斬首をテーマにした彫刻があったようで、「聖ジュリアン一代記」と合わせて巻頭にその写真が掲載されている。
三つの物語 (福武文庫)三つの物語 (福武文庫)
(1991/11)
ギュスターヴ フロベール、太田 浩一 他

商品詳細を見る

右に示すように、『三つの物語』は福武文庫からも出されていたようだ。
私自身はその中身を確認したことがないのだが、出版年が1991年と比較的新しいことから、旧仮名遣いが用いられている岩波文庫版より読みやすいのではないかと思われる。
いずれも中古品でしか入手できないという状況に違いはないが、読みやすさを求める方は福武文庫版の方がベターかもしれない。

『三つの物語』は、フローべールが生前に刊行した最後の作品となっている。
執筆環境が恵まれることこそなかったが、多くの作家から文豪の一人として認められるに至った晩年のフローベールの作品ということで、作品の質に関してはある種の折り紙つきと言えるのではなかろうか。
文章量も手頃な作品集であるので、気軽に手に取っていただければと思う。

『サラムボー フローベール全集〈第2〉』 フローベール(1966年)

フローベール全集〈第2〉サラムボー (1966年)フローベール全集〈第2〉サラムボー (1966年)
(1966)
不明

商品詳細を見る

書名:サラムボー フローベール全集〈第2〉
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:田辺貞之助
出版社:筑摩書房
ページ数:368

おすすめ度:★★★★




ローマなどの外敵と血を血で洗う抗争を繰り広げていた、紀元前三世紀のカルタゴを舞台にしたフローベールの長編小説がこの『サラムボー』だ。
ボヴァリー夫人』や『感情教育』の読者であればその舞台設定に意外の念を覚えられるかもしれないが、『聖アントワヌの誘惑』や『三つの物語』の中の『ヘロディアス』の読者であれば、いかにもフローベールらしい作品の一つとして読むことができるのではなかろうか。
事実、フローベールには中近東やアフリカを舞台にした作品が多いのであって、『聖アントワヌの誘惑』が夢幻劇風の作品であり、『ヘロディアス』が短編作品であることを思えば、フローベールの全作品の中で最も強くアフリカ色が打ち出されているのはこの『サラムボー』ということになるはずだ。

カルタゴのために命を賭して戦った傭兵たちだったが、財政難にあるカルタゴには約束を履行するだけの金銭的余裕がない。
荒くれものたちから成る傭兵たちの不満はピークに達し、カルタゴのとある屋敷で傍若無人な饗宴を開いていたところ、その屋敷に住まう美しき乙女、サラムボーが姿を現す。
見る者すべてが魅了されるその美しさは、様々な幸不幸ももたらすに違いない・・・。

『サラムボー』に対しては、フローベールの客観的文体には時代背景を説明する語句が乏しいため、カルタゴの歴史等に関する予備知識がないとわかりにくいとの指摘がされているようだ。
また、町や部屋の様子、服装や宝飾品の描写が多いため、ストーリーがすらすら進んでくれることを期待する読者には不向きな作品かもしれない。
しかし、アングルやドラクロワの絵画を眺めているかのようなオリエンタリズム風の描写を楽しめる方には、『サラムボー』は無数の美的情景を与えてくれる、長く記憶に留まる傑作の一つとなることだろう。

現時点ではまだ全集でしか読むことのできない『サラムボー』には、付録としてサント=ブーヴへの手紙なども収録されている。
作品の質や内に秘めた魅力などを思えば、単行本化もしくは文庫本化されていないことが不思議でならないが、多少出版年の古い全集版とはいえ、『サラムボー』は訳文もとても読みやすいので、フローベールに興味のある方にはぜひ読まれることをお勧めしたい一冊だ。

『心の城』 フローベール(大阪大学出版会)

心の城心の城

書名:心の城
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:柏木加代子
出版社:大阪大学出版会
ページ数:303

おすすめ度:★★★☆☆




フローベールの書いた夢幻劇がこの『心の城』である。
著者として名前は挙げられていないが実は本書は友人との共作らしく、友人の詩がそのまま挿入されていたりもするが、実質的にはフローベールの手になる作品と呼んでよさそうだ。
舞台での上演や出版の機会に恵まれなかったという不遇の作品であり、知名度も非常に低いようで、本書が本邦初訳となっている。

人間の心を糧に生きる土の精グノームたちと、妖精たちが勢力争いをしている。
妖精たちが勝つためには、純粋な愛を持つ人間の心が必要らしい。
果たして、そんな心を持つ人間を見つけることができるのか・・・。
通常、リアリズムの作家の一人に分類されるフローベールではあるが、『聖アントワヌの誘惑』を見てもわかるように、夢幻の世界と無縁だったわけではない。
『心の城』からは、そんなフローベールの夢幻への志向を容易に読み取ることができるだろう。

『心の城』には随所に挿絵が用いられていて、フローベールの描いた夢幻の世界へアプローチする助けとなるのだが、その一方で、本書に付された解説は一般読者に対しては過剰と思えるほどに充実しており、どちらかと言えば研究書に近い本に仕上がっているとさえ言えるほどだ。
その分ページ数も増え、価格帯も上がってしまっているのだが、できればフローベールの知られざる作品を世に広めるための普及版にして欲しかったというのが正直なところである。
誤植の多さも目に付くので少し残念な思いをするのも事実だ。

フローベール自身も述べていることだが、『心の城』のような夢幻劇は視覚効果や音響効果ありきの作品なので、できれば映画化でもしてもらって楽しむべき作品なのだろう。
一般受けはあまり期待できないので、フローベールの作品ならばすべて読みたい、という方が手にすべき本だと思う。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク