『ロデリック・ランダムの冒険』 スモレット(荒竹出版)

ロデリック・ランダムの冒険ロデリック・ランダムの冒険
(1999/12)
トバイアス スモレット

商品詳細を見る

書名:ロデリック・ランダムの冒険
著者:トバイアス・スモレット
訳者:伊藤弘之,竹下裕俊,堀正広,村田倫子,加茂淳一,田畑智司,村田和穂
出版社:荒竹出版
ページ数:505

おすすめ度:★★★★




18世紀イギリスを代表する作家の一人であるトバイアス・スモレットの代表作がこの『ロデリック・ランダムの冒険』であるが、本作品は同時にピカレスク小説の代表格とも言われている。
軍艦に船医として乗り込むなど、スモレット自身の経験を下敷きにしている部分も多く、語り手であるランダムが見る様々な情景にはどこか迫真性が備わっていて、読者は作品中に当時のイギリス社会の断片的風景をいくつも見出すことができるに違いない。
フィールディングの傑作『トム・ジョウンズ』と肩を並べる作品として、イギリス文学に興味のある方にはお勧めの一冊だ。

『ロデリック・ランダムの冒険』は、過酷な運命に翻弄されるロデリック・ランダムの人生の浮き沈みを描いた作品である。
そうはいっても、作中においてランダムは恵まれた境遇へと浮き上がることがきわめて少なく、たいていの場合は不幸の淵にどっぷりと沈んでいるのだが・・・。
また、彼が「運命に翻弄される」と言うと、少々語弊があるかもしれない。
彼の人生を苦しめているのはほとんどが私利私欲を追求する悪人、もしくはすこぶる意地の悪い人々であって、ランダムの経験する不運はもっぱら人災と言っても間違いではないだろう。
打擲、窃盗、欺瞞や不正、裏切りに復讐、『ロデリック・ランダムの冒険』はそういったもののオンパレードである。
スモレット自身も宣言しているように、『ロデリック・ランダムの冒険』はとても風刺の効いた作品に仕上がっているので、今日の読者は当時のイギリス社会の悪弊をやや誇張して描いたものとして本書を読むことができるだろう。

スモレットの知名度や、翻訳の入手の困難さなどを考え合わせると、悲しいことにこの『ロデリック・ランダムの冒険』がそれほど多くの読者を獲得できるようには思えない。
しかし、ピカレスク小説というジャンルを代表する作品としての価値は揺るがないだろうし、初期のディケンズの作品にスモレットからの影響が非常に色濃く表れていたりと、欧米の文学に関心のある方であれば、壮大なスケールを誇る冒険物語『ロデリック・ランダムの冒険』に対する興味は尽きないのではなかろうか。
主人公の経験する破天荒な人生を楽しむのはもちろん、文学史的な観点からも一読をお勧めしたいと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク