『ジェイン・エア』 シャーロット・ブロンテ(岩波文庫)

ジェイン・エア(上) (岩波文庫)ジェイン・エア(上) (岩波文庫)ジェイン・エア(下) (岩波文庫)ジェイン・エア(下) (岩波文庫)

書名:ジェイン・エア
著者:シャーロット・ブロンテ
訳者:河島 弘美
出版社:岩波書店
ページ数:448(上)、528(下)

おすすめ度:★★★★★




ジェーン・エア [DVD]ジェーン・エア [DVD]
ブロンテ姉妹のひとりであるシャーロットの代表作がこの『ジェイン・エア』である。
主人公ジェインの心情を優しく細やかに描き上げた作品で、物語性の強さと読みやすい文体も相まって、幅広い読者層の共感を呼ぶこと間違いなしの作品だ。
名作として名高い『ジェイン・エア』は何度も映像化されているが、右に挙げたミア・ワシコウスカ主演のものが最新の映画作品になるように思う。
それほど広く話題になったわけではないにせよ、決して映画としての出来は悪くないので、『ジェイン・エア』の読者には強くお勧めしたい。

幼くして孤児となったジェインは、恵まれない幼年時代を過ごした後に、とある貴族の家で家庭教師として働くことになったのだが、その屋敷には何かが隠されているらしく・・・。
純真で少々神秘的な性質を持つジェインは、物語が始まってから終わるまでの間、常に読者の関心を引き付けてやまないはずだ。
また、妹であるエミリーの『嵐が丘』と読み比べてみると、両者の筆致の違いなどが窺えて大いに興味深いことだろう。
ジェーン・エア (上) (新潮文庫)ジェーン・エア (上) (新潮文庫)ジェイン・エア(上) (光文社古典新訳文庫)ジェイン・エア(上) (光文社古典新訳文庫)

『ジェイン・エア』には複数の翻訳があるが、岩波文庫、新潮文庫と光文社古典新訳文庫が入手しやすいものの代表格ではなかろうか。
文章量の少なくない『ジェイン・エア』は、いずれも二分冊で出版されているにもかかわらず、それほど長さを感じさせない作品なので、気軽に読み始めていただければと思う。

発表当時に『ジェイン・エア』が流行したのは、ジェインに当時の風潮に反抗する芯の強い女性像としての斬新さがあったかららしい。
今となってはジェインのような心の持ち方は普通になってしまったかもしれないし、むしろだいぶ控えめな女性にさえ感じられるが、それでも美しい輝きとでも呼べるものを帯びたジェインの生き様は多くの読者を魅了し続けることだろう。
スポンサーサイト

『教授』 シャーロット・ブロンテ(みすず書房)

教授 (ブロンテ全集 1)教授 (ブロンテ全集 1)

書名:教授
著者:シャーロット・ブロンテ
訳者: 海老根 宏、広田 稔、武久 文代
出版社:みすず書房
ページ数:439

おすすめ度:★★★☆☆




ジェイン・エア』の作者として知られるシャーロット・ブロンテが初めて書いた本格的な長編作品がこの『教授』である。
本書には『エマ』と『ウィリー・エリン』という作品も収められているが、いずれも30ページ程度であり、まして未完の作品や断片にすぎないことから、多くの読者の関心を引くものであるとは考えにくい。
本書はあくまで『教授』を目当てに手にされるべき本であろう。

これといった財産もなく、有力な親戚の後ろ盾もなくしてしまった青年、ウィリアム・クリムズワース。
実の兄からもつれない仕打ちで迎えられる彼だったが、自らの力で生計を立て、精神的な自由をも勝ち取ることができるのか・・・。
主人公が男性であるにもかかわらず、『教授』にはシャーロット自身の実体験に基づく部分が多く、特にブリュッセルの女学校を舞台にする場面では精彩に富んだ記述にふんだんに出会うことができる。
他方で、初期作品であるという予備知識がそうさせるのかもしれないが、小説として細部がいまひとつ詰め切れていない、そんな印象も受ける作品だ。

ジェイン・エア』のような確固たる代表作があるシャーロット・ブロンテの場合、どうしても他の作品はその代表作と比較の対象になってしまうものだが、そういう面では『教授』はおあつらえ向きの作品となっている。
主人公の性別の違い、境遇の類似などの目立ったポイントに意識を向けて読むだけでも、一味違った鑑賞が可能になるように思う。

無名だったシャーロットが『教授』を出版しようとした際、複数の出版社にことごとく断られたという経緯があるらしい。
確かに、『教授』によってシャーロットが今日獲得しているような名声を得ることができたかというと、否定的な意見を持つ方が多いのではなかろうか。
本書の価格帯からしておのずとそうなるだろうが、本書はやはりシャーロット・ブロンテに強い関心を持っている方向けの本であると言える。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク