『赤と黒』 スタンダール(岩波文庫)

赤と黒〈上〉 (岩波文庫)赤と黒〈上〉 (岩波文庫)赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9

書名:赤と黒
著者:スタンダール
訳者: 桑原 武夫、生島 遼一
出版社:岩波書店
ページ数:382(上)、468(下)

おすすめ度:★★★★★




言わずと知れたスタンダールの代表作といえば、この『赤と黒』である。
主人公の心の動きを克明に描いた心理小説として高く評価され続けている、フランス文学の古典中の古典でもある。
フランス文学のみならず、欧米文学に興味のある方には必読の一冊と言えるだろう。

頭脳明晰で容姿端麗でもあるジュリアン・ソレルは、生まれが田舎町の庶民ではあるものの、何とか出世したいとの強い野心を抱いていた。
そんな彼が、町長の家で家庭教師をすることになり、次第にその家の夫人と親密になっていくのだが・・・。
大事件が連続するというわけではないものの、『赤と黒』の筋の起伏は読者を最後まで飽きさせることがないはずだ。
読後にタイトルの「赤」と「黒」がそれぞれ何を意味しているのかを考えてみるのも、面白いのではないかと思う。
赤と黒【字幕版】 [VHS]赤と黒【字幕版】 [VHS]

有名な作品だけあり、『赤と黒』は宝塚歌劇の題材となっていたり、映像化されたりしている。
映画化作品のお勧めはユアン・マクレガーが主演している右の『赤と黒』で、原作にはない演出も見られるには見られるものの、概ね原作に忠実な映像化作品となっているのではあるが、VHSしか出回っていないというのがデメリットとなっている。
『赤と黒』という邦題を冠して、現代風にアレンジを加えた韓国ドラマも作成されているようで、『赤と黒』がいまだにアクチュアルな古典作品であることを窺い知ることができる。

『赤と黒』と『パルムの僧院』の二作品が、スタンダールの作品の中で双璧を成しているが、どちらの作品がより優れているかとなると、これには諸説あるようで、要は意見の分かれるところである。
『赤と黒』を気に入った読者は、ぜひ『パルムの僧院』も読んでみていただければと思う。
スポンサーサイト

『パルムの僧院』 スタンダール(岩波文庫)

パルムの僧院〈上〉 (岩波文庫)パルムの僧院〈上〉 (岩波文庫)パルムの僧院 下 改訂 (岩波文庫 赤 526-6)パルムの僧院 下 改訂 (岩波文庫 赤 526-6)

書名:パルムの僧院
著者:スタンダール
訳者:生島 遼一
出版社:岩波書店
ページ数:371(上)、401(下)

おすすめ度:★★★★★




赤と黒』と並び、スタンダールの代表作とされるのがこの『パルムの僧院』である。
『パルムの僧院』というタイトルではあるものの、不思議と当の僧院はほとんど登場しておらず、宗教臭さの感じられない非常に世俗的な小説となっている。
スタンダールの緻密な心理描写や状況描写は終始冴え渡っているので、本書が再読に値する傑作であると高く評価されるのも納得がいくというものだ。

『パルムの僧院』は、ナポレオンを崇拝する青年ファブリスが主人公であり、作中における彼の運命の行く末も気になるところではあるが、「魔性の女」とでも呼ぶべき典型的なファム・ファタルであるその叔母の暗躍も見逃せない。
殺人事件が起こり、命懸けの恋愛もあり、策略と陰謀の渦巻く宮廷も舞台となり・・・。
一般的に言って、スタンダールの描写の進め方はそれほど速い部類には入らないと思うが、次から次へと何かが起き続けるスリリングな展開は、最後まで読者の心を放さないのではなかろうか。
パルムの僧院 (上) (新潮文庫)パルムの僧院 (上) (新潮文庫)パルムの僧院〈下〉 (新潮文庫)パルムの僧院〈下〉 (新潮文庫)

知名度では『赤と黒』にやや劣る感があるものの、『パルムの僧院』も文学全集では常連となっている古典中の古典だ。
私自身、読み比べてみたことがないので優劣はつけられないが、右に挙げた新潮文庫の大岡昇平訳も昔からある定番となっている。
むしろ、『パルムの僧院』ほどの傑作なのに、新訳が存在しないことが意外であると言うべきかもしれない。

スタンダールの言によると、彼は『パルムの僧院』をわずか2か月足らずで書き上げたらしい。
この発言自体を額面通りに受け取る必要はないだろうが、実際にスタンダールが短期間で仕上げたのは事実のようであるし、『パルムの僧院』のクオリティを考え合わせると、彼の手腕にはやはり驚かされるものがある。
執筆時のスピード感を損なわないためにも、読者の方でも一気呵成に読み切ってみるべき作品なのかもしれない。

『モーツァルト』 スタンダール(ミュージック・ライブラリー)

モーツァルト (ミュージック・ライブラリー)モーツァルト (ミュージック・ライブラリー)

書名:モーツァルト
著者:スタンダール
訳者: 高橋 英郎、冨永 明夫
出版社:東京創元社
ページ数:264

おすすめ度:★★★★




スタンダールが愛してやまなかった音楽家であるモーツァルトの伝記が本書である。
本書『モーツァルト』は、スタンダールが一冊の著作として書いた作品をそのまま翻訳したわけではなく、『ハイドン、モーツァルト、メタスタージオ伝』と『ロッシーニ伝』からモーツァルトに関する部分をそれぞれ抜粋したものとなっているが、テーマの一貫性が明確であるため、それほど継ぎはぎという印象を受けることはないと思う。

『モーツァルト』は、作者による手紙という、いわゆる書簡体のスタイルを取っているが、どのようなスタイルを取るにせよ、あまり内容に影響はしていないように見受けられる。
驕ることなく親切を尽くすというモーツァルトの人柄のよさはやはり読んでいて心地よいし、彼の神童ぶりを示すエピソードの数々はおそらく何度読んでも面白いものだろう。
モーツァルトの楽曲に関して多少立ち入った話もあるので、『魔笛』、『フィガロの結婚』や『ドン・ジョバンニ』のといった代表的なオペラ作品だけでも知っていれば、本書をいっそう楽しめるはずだ。
また、五線譜もしばしば掲載されているので、楽譜が読めればなおよいのかもしれない。

本書の冒頭には、芸術家の伝記を書かせれば右に出るもののない、ロマン・ロランによる序文も訳出されている。
これも『ハイドン、モーツァルト、メタスタージオ伝』に向けて書かれたものなので、本書ではこの序文も抄訳となっているが、さすがはロマン・ロランだけあって豊富な原典引用によってスタンダールの性格を非常に的確に描き出しており、大変興味深いものとなっている。

誰もが知るモーツァルトの伝記を、かの有名なスタンダールが書いていたとあっては、本書を楽しめる読者層はかなり広いのではなかろうか。
年譜があまりに細かすぎる点や、スタンダールの剽窃が問題になったなどの欠点はあるとはいえ、モーツァルトのファンにもスタンダールのファンにもお勧めできる一冊となっている。

『恋愛論』 スタンダール(新潮文庫)

恋愛論 (新潮文庫)恋愛論 (新潮文庫)

書名:恋愛論
著者:スタンダール
訳者:大岡 昇平
出版社:新潮社
ページ数:618

おすすめ度:★★★★




恋愛論(上) (岩波文庫)恋愛論(上) (岩波文庫)恋愛論(下) (岩波文庫)恋愛論(下) (岩波文庫)

赤と黒』などの代表作で小説家として知られるスタンダールであるが、そんな彼の小説以外の著作における代表作といえば、数種類の文庫本が出回っていることからもわかるように、この『恋愛論』であろう。
恋愛を描いた著作であれば世の中に無数に存在するが、いざその恋愛を研究対象として論じた著作となると、意外と少ないのではなかろうか。
そして本書こそが、世界で最も有名な恋愛を論じた著作なのではないかと思う。

『恋愛論』は、その表題の通り、恋愛について分析した論文となっているのだが、そこにスタンダールの自伝的要素、つまり彼自身の恋愛事情が色濃く表れている点が一般的な論文とは大きく異なっている。
自己主張の強いスタンダールならではのことと言ってしまえばそれまでかもしれないが、彼の恋愛事情に明るくない我々は豊富な訳注でその事実を知らされるわけで、それを少し煩わしいと感じる読者がいても当然だろう。

また、二つの章から成る本論に加えて、数多くの断章や補遺などが付属しているというのも、本書に特徴的な構成と言える。
最初から最後まで恋愛を論じ続けているわけではないというこの構成の特異さのおかげなのか、『恋愛論』と銘打ってある割には読みやすい作品になっているが、その反面、一冊の論文としては読者がいささか支離滅裂な印象を受けるのも否定できないような気がする。

『恋愛論』は、あくまでも当時のヨーロッパ社会を基盤として書かれているため、今日的な観点で見ればけっこう古臭いと言える部分も少なくない。
スタンダールらしい鋭い分析もなくもないが、スタンダール個人の私的なエピソードを数多く交えることで、恋愛を論じた書物としての普遍性を損ねているのも事実だろう。
そういう意味では、恋愛にまつわる論考に興味のある方というよりは、スタンダールに興味のある方にお勧めすべき本なのかもしれない。

『スカラ座にて』 スタンダール(音楽之友社)


書名:スカラ座にて
著者:スタンダール
訳者: 西川 長夫
出版社:音楽之友社
ページ数:178

おすすめ度:★★☆☆☆




音楽に造詣の深いスタンダールの著作の中から、オペラにまつわる記述、特にミラノのスカラ座に関する記述を中心に抜粋して編まれたのが本書『スカラ座にて』である。
スタンダール自身は音楽の専門家ではないにも関わらず、音楽に対して人並外れた知識や情熱を持っていて、本書を通じて読者はそれを読み取ることができるだろう。

『スカラ座にて』が抜粋を行ったスタンダールの原書は、処女作である『ハイドン、モーツァルト、メタスタージオの生涯』、『ロッシーニの生涯』といった伝記作品や、『エゴチスムの回想』や『アンリ・ブリュラールの生涯』といった自伝的な作品、さらには日記や書簡など、幅広い分野に及んでいる。
抜粋元として、有名な作品では『恋愛論』と『パルムの僧院』もあるにはあるが、そこからの抜粋はそれほど重要な記述ではないように見受けられる。

『スカラ座にて』の難点は、当時の個人名が頻出していることだろうか。
後世に名を残す有名な音楽家、たとえばモーツァルトやロッシーニあたりであれば、18、19世紀の音楽や彼らの作品に関する知識が乏しくても何となくイメージくらいはできるのだが、当時の他の作曲家やオペラ歌手の名前を出されても、一般的な日本の読者からすればまるで知らない人物ばかりなので、つい読み流さずにはいられないというのが実情だ。
そしてその読み流す部分が決して少なくなかったので、いささか退屈な本という印象を受けてしまった。

本書『スカラ座にて』は、スタンダールの自伝的要素に関心のある方には向いていると思うが、それ以外の読者があまり楽しめるようには思えない。
しかも、スタンダールの自伝が読みたければ『エゴチスムの回想』や『アンリ・ブリュラールの生涯』を読めばよいのであって、わざわざ本書を紐解く必要もないと言えそうだ。
個人的には、あまり評価できない内容の一冊となっている。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク