スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カンガルー』 D.H.ロレンス(彩流社)

カンガルーカンガルー

書名:カンガルー
著者:D.H.ロレンス
訳者:丹羽 良治
出版社:彩流社
ページ数:518

おすすめ度:★★★★




ロレンスが世界旅行の途中、オーストラリアで執筆した長編小説がこの『カンガルー』だ。
一般的には「リーダーシップ」小説の一つに数えられており、そして事実、その分類を裏付けるだけの内容になっている。
全編を通じてロレンス自身のオーストラリアでの滞在経験がベースになっており、主人公のサマーズは境遇も考え方も、そのすべてがロレンスの生き写しではないかというほど作家と主人公が肉薄しているため、ロレンスに関心のある読者は必然的に『カンガルー』に対する関心も高まるに違いない。

シドニーでの仮住まいを見つけ、引越しを済ませたサマーズ夫妻は、本人たちは望んでいなかったにもかかわらず、隣の家の夫妻と近所付き合いを始めるようになる。
隣人のジャックには政治的な強い信念があり、仲間たちととある計画を練り上げていて、彼はそれにサマーズを抱き込もうとするのだが・・・。
思想色が強い『カンガルー』には少々難解と思われる部分もあるため、読者の好き嫌いは両極端に分かれてしまうかもしれない。

彩流社の出版物には、しばしば誤字脱字だらけのものがあり、読者が作品から受ける印象を大きく損なってしまっているのだが、『カンガルー』においてはそれらのミスが許容範囲内に止められている。
とはいえ、1923年に発表された『カンガルー』に、「第二次大戦」で負傷した男が登場するのにはさすがに驚かされてしまったが。

『カンガルー』において、ロレンスがオーストラリア人の政治的な特徴を考察しているくだりは、執筆からおよそ百年を経た今日にも少なからず通ずる部分があるように思われる。
オーストラリアを深く知っている読者がより深く味わいうる、それが『カンガルー』だろう。
オーストラリアに長期滞在をしたことのある方や、今後それを予定されている方に強くお勧めしたい作品だ。
スポンサーサイト

『炉辺のこほろぎ』 ディケンズ(岩波文庫)

炉辺のこほろぎ (岩波文庫)炉辺のこほろぎ (岩波文庫)

書名:炉辺のこほろぎ
著者:チャールズ・ディケンズ
訳者:本多 顕彰
出版社:岩波書店
ページ数:148

おすすめ度:★★★☆☆




ディケンズの中編作品としては、文庫本化されている数少ない作品の一つがこの『炉辺のこほろぎ』である。
デイヴィッド・コパフィールド』や『大いなる遺産』などの代表作で知られるように、長編作品においてその持てる才能を遺憾なく発揮するディケンズではあるが、『炉辺のこほろぎ』にもディケンズらしいユーモアやペーソスはもちろん健在で、まして戯曲を思わせる緊密な構成で仕上がっている点は長編作品をしのぐほどですらある。
ディケンズのメジャーどころ以外の作品も読んでみたいという方にはたいへんお勧めの一冊だ。

『炉辺のこほろぎ』に登場する主なキャラクターは、廉直な運送屋とその若く美しい妻、陋屋にて苦しい生活を送っている玩具屋と視力を奪われたその娘、嫌味で陰気な金持ちの男、そしてタイトルロールである「炉辺のこほろぎ」である。
ある日のこと、愛に満ちた運送屋の家に、見ず知らずの謎の老人が転がり込んできて・・・。
それぞれのキャラクターの性格付けがいくらか紋切型に過ぎるような気がしないでもないが、貧しい身の上の人々に対するディケンズの優しい思いやりが伝わってくるのは彼の他の作品と同様で、読者もまたその思いやりの念に包み込まれてしまいさえすれば、登場人物が少々ワンパターンであることは気にもならないかもしれない。

岩波文庫の『炉辺のこほろぎ』には、「こほろぎ」というタイトルからも察せられるように訳文も旧仮名遣いなので、本来であれば気楽に読み進めることのできる心温まるストーリーであるにもかかわらず、読者は随分とかしこまった文体を通じてこの作品に接しなくてはならないという短所がある。
これは古い岩波文庫に共通して言えることだが、『炉辺のこほろぎ』もその原作は多くの読者が敬遠しがちな翻訳しかない状態にしておくにはもったいない出来栄えのものなので、読みやすい新訳による改版に期待したいところだ。

『コザック ハジ・ムラート』 トルストイ(中央公論新社)

コザック ハジ・ムラートコザック ハジ・ムラート

書名:コザック ハジ・ムラート
著者:レフ・トルストイ
訳者:中村 白葉
出版社:中央公論新社
ページ数:504

おすすめ度:★★★★




トルストイ初期の作品『コザック』と、晩年に書かれ遺稿として公表された『ハジ・ムラート』を収録したのが本書『コザック ハジ・ムラート』である。
両作品共にロシア南部のカフカーズを舞台にしてはいるが、それぞれの作品を支配している雰囲気には微妙な相違があり、どこかトルストイという偉大な作家の始点と終点を暗示するような構成となっている。
『コザック』については、光文社古典新訳文庫の『コサック: 1852年のコーカサス物語』で紹介済みなので、今回は『ハジ・ムラート』について述べさせていただこうと思う。

チェチェンの勇士ハジ・ムラートは、機略に富んだ武勇で知られるが、それがゆえに宗主からねたまれ、身の危険を感じるようになってきていた。
そこで、宗主の下に人質とされている家族を救うため、カフカーズの平定を目指すロシア側に投降することに決めたのだったが・・・。
身分の高低を問わず、多くの登場人物が現れては消えていく『ハジ・ムラート』の読者は、この作品をもっと長大な作品にすることのできるエッセンスを随所に感じ取ることができるのではなかろうか。
トルストイが『ハジ・ムラート』のプロットを小説としていっそう膨らまさなかったことを残念に思うのは、おそらく私だけではないだろう。

出版物としての『コザック ハジ・ムラート』の不思議なところは、ドストエフスキーに詳しい二人が冒頭のはしがきと巻末の解説を担当しているという点だ。
まさか世界に名だたる文豪トルストイの専門家に事欠くわけでもあるまいし、憶測の多い解説を読み終えるとなおさらのこと、なぜそのような人選になったのかは少々不可解に感じられる。
そうはいっても、あまり注目を浴びることのない両作を一冊にまとめて刊行してくれたことはありがたいことと言わざるをえない。
トルストイに関心のある方にはたいへんお勧めの一冊だ。

『ディケンズ短篇集』 ディケンズ(岩波文庫)

ディケンズ短篇集 (岩波文庫 赤 228-7)ディケンズ短篇集 (岩波文庫 赤 228-7)

書名:ディケンズ短篇集
著者:チャールズ・ディケンズ
訳者:小池 滋、石塚 裕子
出版社:岩波書店
ページ数:310

おすすめ度:★★★★




ボズのスケッチ 短編小説集』で作家活動をスタートさせたディケンズの、その後の十一篇の短篇を収録したのが本書『ディケンズ短篇集』である。
ディケンズといえばユーモアやペーソス、豊かな人物造形やストーリー性に富んだ長編作品がその醍醐味であると言えるだろうが、短編作品においてもストーリー性はやはり健在で、どの短編もあらすじに退屈することはないのではなかろうか。
ディケンズらしい少々回りくどい文体もそのままではあるものの、ほとんどの作品がニ十ページ程度とたいへん読みやすいので、気軽に手にしていただいていいように思う。

本書の収録作品には、サスペンス風の緊迫感に満ちたものや、ホフマンばりの怪奇な物語、さらにはポーのように自意識過剰気味の主人公が物語る作品もある。
一冊の短篇集としては文学ジャンルのバラエティーに富んでいて、しかもどの作品も読者を引き込む力を備えているように感じられる。
中でも特にお勧めな作品として、本書以外にも複数の翻訳が存在することが明かしているように、ディケンズの短篇の中で最高傑作との呼び声の高い『信号手』、実在の人間をモデルに書き上げられ、クライマックスまでの筋運びの巧みな『追いつめられて』の二作を挙げておきたい。

岩波文庫版の『ディケンズ短篇集』の欠点は、収録されている短編作品がディケンズの長編作品、たとえば『ピクウィック・クラブ』や『ニコラス・ニクルビー』にそっくりそのまま挿入されている話であるため、それらの長編の読者にとっては収録内容が重複してしまうことだろう。
とはいえ、一部の文学全集以外ではお目にかかることのできない短編も収録されているし、ましてディケンズの短篇作品の代表作である『信号手』はディケンズのファンであれば一読の価値あるものなので、ディケンズに興味のある方にはお勧めできる一冊だ。

『シンベリン』 シェイクスピア(白水Uブックス)

シェイクスピア全集 (〔34〕) (白水Uブックス (34))シェイクスピア全集 (〔34〕) (白水Uブックス (34))

書名:シンベリン
著者:ウィリアム・シェイクスピア
訳者:小田島 雄志
出版社:白水社
ページ数:248

おすすめ度:★★★☆☆




シェイクスピア晩年の作である『シンベリン』は、『ペリクリーズ』などと同様、ロマンス劇に分類されている作品である。
また、シンベリンがローマ帝国の支配下にあったブリテンの王であるため、広義では「ローマもの」の一つに数えることもできるのかもしれない。
どちらかといえばシェイクスピアの他の名作の陰に隠れがちで、注目を集めることの少ない作品であるため、やや玄人向けの作品と言えるだろうか。

娘であるイモージェンの素性の釣り合わない結婚に怒ったシンベリンは、その夫であるポステュマスをブリテンから追放する。
ローマへと逃げ延びたポステュマスだったが、その頃ローマとブリテン両国間の雲行きは怪しくなってきており・・・。
ポステュマスがイモージェンの貞操を信じて疑わないエピソードや、幼い頃に連れ去られていたシンベリンの息子たちのエピソードが、けっこうな紙幅を用いながら並行して展開するため、読者は『シンベリン』に盛り沢山な印象を受けることだろう。
シンベリン―シェイクスピア全集〈22〉 (ちくま文庫)シンベリン―シェイクスピア全集〈22〉 (ちくま文庫)

著名な作品から順次刊行されていっているちくま文庫のシェイクスピア全集においても、『シンベリン』はその22冊目として既刊となっている。
シェイクスピアの全作品における『シンベリン』の完成度や重要度を考えると、22冊目として出版されるのは個人的には妥当な位置付けではないかと思われる。

先ほども述べたように、『シンベリン』には複数のモチーフが用いられていて読み応えがあるのだが、強いて挙げるとすれば、結末の付け方が少々強引なのが『シンベリン』の難点だろうか。
シェイクスピアの傑作の完成度の高さを知っているだけに、『シンベリン』をあまり高く評価することはできないものの、戯曲としての読む楽しさを十分備えていることは疑いようもなく、読んで後悔することはないはずなので、シェイクスピアに、ロマンス劇に関心のある方にはお勧めできる作品だ。

『ペリクリーズ』 シェイクスピア(白水Uブックス)

シェイクスピア全集 (〔33〕) (白水Uブックス (33))シェイクスピア全集 (〔33〕) (白水Uブックス (33))

書名:ペリクリーズ
著者:ウィリアム・シェイクスピア
訳者:小田島 雄志
出版社:白水社
ページ数:183

おすすめ度:★★★★




シェイクスピア晩年の作とされる『ペリクリーズ』は、例によって喜劇として割り切ることができないと言われる作品の一つで、『テンペスト』などと同様、ロマンス劇というカテゴリーに分類するのが常となっている。
シェイクスピアの存命中から安定した人気を誇っている作品らしいが、作品を一読すればその人気の理由がわかるのではなかろうか。

強国の王に命を狙われ、自らの治める国をも逃れざるを得なくなるなど、数々の不運に見舞われ続けるツロの領主、ペリクリーズ。
愛する家族とも死に別れた彼の運命はどうなるのか・・・。
『ペリクリーズ』は、語り手として実在の詩人であるガワーをしばしば登場させ、幕と幕の間の出来事を物語らせている。
ストーリーの転変が豊富な割に戯曲にくだくだしさがなく、全般にとてもスピーディーかつコンパクトにまとまっているような印象を受けるのもそれが一因ではなかろうか。
シェイクスピア全集 (11) ペリクリーズ (ちくま文庫)シェイクスピア全集 (11) ペリクリーズ (ちくま文庫)

『ペリクリーズ』はちくま文庫版のシェイクスピア全集からも既刊となっている。
白水社版と比べて二十年新しい本であるため、個人的には小田島訳に古臭さを感じることはまったくないとはいえ、若い読者にはちくま文庫のほうが読みやすいのかもしれない。

シェイクスピアにとってのロマンス劇第一作目とみなされている『ペリクリーズ』は、研究者や批評家たちから実験的な要素が強い作品であると評されているようだが、私自身は実験的な要素というのをほとんど感じることなく読み終えてしまった。
単に私が鈍感なだけという可能性もあるが、ひょっとすると、すでにロマンス劇の集大成とも言うべき『テンペスト』を知っている読者には、『ペリクリーズ』で用いられている実験的な要素を感知しにくいのかもしれない。
しかし、仮にその要素を感じ取ることができなかったとしても、『ペリクリーズ』の戯曲としての面白みは損なわれることはないはずなので、『テンペスト』の読者も、自身を鈍い読者であると自負されている方も、『ペリクリーズ』を手にするのに躊躇は不要だと思う。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。