『響きと怒り』 フォークナー (岩波文庫)

響きと怒り (上) (岩波文庫)響きと怒り (上) (岩波文庫)響きと怒り (下) (岩波文庫)響きと怒り (下) (岩波文庫)

書名:響きと怒り
著者:ウィリアム・フォークナー
訳者: 平石 貴樹、新納 卓也
出版社:岩波書店
ページ数:391(上)、333(下)

おすすめ度:★★★★★




アメリカ文学の中で特に難解な作家として知られるフォークナーの代表作がこの『響きと怒り』である。
小説のあらすじや思想性よりもその実験的な手法が話題になることが多いが、事実、その書き方は大いに注目に値するものなので、それを体験するためだけに読むというのもありではないかと思う。
『響きと怒り』はフォークナーらしい難解さが発揮されている作品であるが、同じく「意識の流れ」の作家として知られ、文体の実験を過度に推し進めたジョイスの後期作品よりもはるかに読みやすいので、敷居はそう高くないと言えるのではなかろうか。

『響きと怒り』はアメリカの南部社会における名家が没落していく過程を4部構成で描いている。
中心となる視点人物が各部によって異なる上に、その時間軸も必ずしも一定ではなく、特に知的障害を抱えた登場人物が視点となっている箇所の記述は錯綜しており、内容の把握に苦労する読者もいるかもしれない。
他にも一筋縄ではいかない部分が多く、読者は頭の中でもつれ合った糸をほどいていくような感覚を覚えるのではないかと思う。
『響きと怒り』のような作品は、最後まで読み通すという体験にも意義があるはずなので、少しくらい不明な点があっても読み進めることをお勧めしたい。
響きと怒り (講談社文芸文庫)響きと怒り (講談社文芸文庫)

アメリカ文学を代表する作品でもある『響きと怒り』は、いくつかの文学全集に収録されている他にも、右に示すように講談社文芸文庫からも出されている。
読みやすさや注釈の充実度からいって個人的には岩波文庫の方をお勧めしたいが、一冊にまとまっている講談社文芸文庫版も悪くない選択肢かもしれない。

『響きと怒り』が読者に求めるのは、作品に書いてあることをただ読んでいくという受動的な姿勢ではなく、一人一人の読者が判断力を働かせながら読むという能動的な姿勢であるように思う。
個性の強さゆえに好き嫌いが明確に分かれる作品なのだろうが、各人の読書経験の中で、良きにしろ悪しきにしろ『響きと怒り』が印象深い作品の一つになることだけは間違いないはずだ。
スポンサーサイト

『ジェイン・エア』 シャーロット・ブロンテ(岩波文庫)

ジェイン・エア(上) (岩波文庫)ジェイン・エア(上) (岩波文庫)ジェイン・エア(下) (岩波文庫)ジェイン・エア(下) (岩波文庫)

書名:ジェイン・エア
著者:シャーロット・ブロンテ
訳者:河島 弘美
出版社:岩波書店
ページ数:448(上)、528(下)

おすすめ度:★★★★★




ジェーン・エア [DVD]ジェーン・エア [DVD]
ブロンテ姉妹のひとりであるシャーロットの代表作がこの『ジェイン・エア』である。
主人公ジェインの心情を優しく細やかに描き上げた作品で、物語性の強さと読みやすい文体も相まって、幅広い読者層の共感を呼ぶこと間違いなしの作品だ。
名作として名高い『ジェイン・エア』は何度も映像化されているが、右に挙げたミア・ワシコウスカ主演のものが最新の映画作品になるように思う。
それほど広く話題になったわけではないにせよ、決して映画としての出来は悪くないので、『ジェイン・エア』の読者には強くお勧めしたい。

幼くして孤児となったジェインは、恵まれない幼年時代を過ごした後に、とある貴族の家で家庭教師として働くことになったのだが、その屋敷には何かが隠されているらしく・・・。
純真で少々神秘的な性質を持つジェインは、物語が始まってから終わるまでの間、常に読者の関心を引き付けてやまないはずだ。
また、妹であるエミリーの『嵐が丘』と読み比べてみると、両者の筆致の違いなどが窺えて大いに興味深いことだろう。
ジェーン・エア (上) (新潮文庫)ジェーン・エア (上) (新潮文庫)ジェイン・エア(上) (光文社古典新訳文庫)ジェイン・エア(上) (光文社古典新訳文庫)

『ジェイン・エア』には複数の翻訳があるが、岩波文庫、新潮文庫と光文社古典新訳文庫が入手しやすいものの代表格ではなかろうか。
文章量の少なくない『ジェイン・エア』は、いずれも二分冊で出版されているにもかかわらず、それほど長さを感じさせない作品なので、気軽に読み始めていただければと思う。

発表当時に『ジェイン・エア』が流行したのは、ジェインに当時の風潮に反抗する芯の強い女性像としての斬新さがあったかららしい。
今となってはジェインのような心の持ち方は普通になってしまったかもしれないし、むしろだいぶ控えめな女性にさえ感じられるが、それでも美しい輝きとでも呼べるものを帯びたジェインの生き様は多くの読者を魅了し続けることだろう。

『嵐が丘』 エミリー・ブロンテ(新潮文庫)

嵐が丘(上) (岩波文庫)嵐が丘(上) (岩波文庫)嵐が丘〈下〉 (岩波文庫)嵐が丘〈下〉 (岩波文庫)

書名:嵐が丘
著者:エミリー・ブロンテ
訳者:河島 弘美
出版社:岩波書店
ページ数:313(上)、378(下)

おすすめ度:★★★★★




イギリス文学を代表する長編作品の一つである『嵐が丘』は、夭折の作家エミリー・ブロンテにとって唯一の長編作品である。
一人の男の執念をとことん描ききった『嵐が丘』から読者が感じるのは、19世紀の女流作家が創造したとは思えないような荒涼とした力強さだろう。
『嵐が丘』に退屈さを覚える読者がいるとは到底思えないので、ぜひ一人でも多くの読者が手にしていただければと思う。

『嵐が丘』の読みどころといえば、やはり強靭な精神力を備えたヒースクリフの愛と憎しみではなかろうか。
白鯨』のエイハブ船長のように一種の特異な人物類型が創り出されているので、ヒースクリフだけに焦点を絞って読み進めていっても十分楽しめるに違いない。
『嵐が丘』の人物構成を説明するのにしばしば家系図を目にすることがあるが、正直に言って家系図はあまりいい説明の手段ではないだろう。
登場人物はそう多くないにもかかわらず名前の重複が多いせいで少々関係が入り組んでいるため、『嵐が丘』は短時日で一気に読み通すことをお勧めしたい。
嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)嵐が丘〈下〉 (光文社古典新訳文庫)嵐が丘〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

欧米文学屈指の名作の一つである『嵐が丘』は、日本語訳も非常に多くなされてきている。
右はそれらの中でも最も新しい光文社古典新訳文庫から出されたもので、私の読んだ岩波文庫版と同様、評判もそう悪くないようだ。
新潮文庫からも新訳が出されており、こちらは二分冊ではなく一冊にまとまっているというメリットがあるものの、多くの読者から酷評を受けているようなので訳文の良し悪しにこだわる方は避けたほうが無難かもしれない。

『嵐が丘』を読み終えた読者は、寡作ゆえに決して文豪とは呼ばれることのないエミリー・ブロンテの力量に驚かされることだろう。
読者の期待を上回る感銘を与えてくれるに違いないのが『嵐が丘』なので、必読の一冊として強くお勧めしたい。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク