『ダルタニャン物語 ブラジュロンヌ子爵』 デュマ(復刊ドットコム)

ダルタニャン物語〈第6巻〉将軍と二つの影 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第6巻〉将軍と二つの影 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第7巻〉ノートル・ダムの居酒屋 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第7巻〉ノートル・ダムの居酒屋 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第8巻〉華麗なる饗宴 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第8巻〉華麗なる饗宴 (fukkan.com)

ダルタニャン物語〈第9巻〉三つの恋の物語 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第9巻〉三つの恋の物語 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第10巻〉鉄仮面 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第10巻〉鉄仮面 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第11巻〉剣よ、さらば (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第11巻〉剣よ、さらば (fukkan.com)

書名:ダルタニャン物語 ブラジュロンヌ子爵
著者:アレクサンドル・デュマ
訳者:鈴木力衛
出版社:復刊ドットコム
ページ数:385(六)、379(七)、383(八)、408(九)、371(十)、380(十一)

おすすめ度:★★★★★




仮面の男 [DVD]仮面の男 [DVD]
三銃士』、『二十年後』に続くダルタニャン物語の最終部がこの『ブラジュロンヌ子爵』だ。
『将軍と二つの影』、『ノートル・ダムの居酒屋』、『華麗なる饗宴』、『三つの恋の物語』、『鉄仮面』、『剣よ、さらば』の全6巻から成る大作であり、『鉄仮面』とその前後のあらすじは右の映画『仮面の男』の原作になったことでも知られているのではなかろうか。
原作とはいっても、『仮面の男』とはかなり異なった物語になっているので、映画を先に観た人は物語の展開に驚かされることになるかもしれない。

自らの境遇に不満ながらも銃士隊の副隊長を務めるダルタニャン、ブラジュロンヌという生きがいに支えられながら高貴な心情を失わないアトス、怪力に衰えを見せない豪放なポルトス、司教になりながらも何かを企んでいる狡猾なアラミス。
陰謀や駆け引きの真っただ中にありながらも時折きらめく彼らの堅い友情は、やはり読んでいて心地がよいものだ。

二十年後』ではまだ幼かったルイ14世が太陽王として君臨し始める時期を描く『ブラジュロンヌ子爵』は、歴史小説としての面白さも十分備えている。
ましてラ・フォンテーヌやモリエールといった名だたる文人まで登場するとあっては、フランス文学のファンが『ブラジュロンヌ子爵』を読まない手はないというものだ。
ダルタニャン物語 全11巻ダルタニャン物語 全11巻

ダルタニャン物語の中で格段に長い『ブラジュロンヌ子爵』であるが、タイトルロールであるブラジュロンヌ子爵が中心となって活躍し続ける物語というわけでもない。
また、『華麗なる饗宴』と『三つの恋の物語』においては、ダルタニャンたちの痛快さは影を潜め、ストーリーにさほどスピード感が見受けられず、言葉は悪いが少々中だるみしている感さえある。
とはいえ、『ブラジュロンヌ子爵』によって全11巻からなる『ダルタニャン物語』が大団円を迎えるわけであるし、デュマに興味のある方には全巻の読破を自信を持ってお勧めしたいと思う。
スポンサーサイト

『ダルタニャン物語 二十年後』 デュマ(復刊ドットコム)

ダルタニャン物語〈第3巻〉我は王軍、友は叛軍 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第3巻〉我は王軍、友は叛軍 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第4巻〉謎の修道僧 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第4巻〉謎の修道僧 (fukkan.com)

ダルタニャン物語〈第5巻〉復讐鬼 (fukkan.com)ダルタニャン物語〈第5巻〉復讐鬼 (fukkan.com)

書名:ダルタニャン物語 二十年後
著者:アレクサンドル・デュマ
訳者:鈴木力衛
出版社:復刊ドットコム
ページ数:291(三)、302(四)、278(五)

おすすめ度:★★★★★




デュマの代表作である『三銃士』の続編がこの『二十年後』である。
『我は王軍、友は叛軍』、『謎の修道僧』、『復讐鬼』の三巻から成り、その表題のとおり『三銃士』の二十年後が描かれている。
登場人物が『三銃士』からそのまま引き継がれているうえに、エピソードにも連関がある部分が多いので、『三銃士』を先に読んでおくことを強くお勧めしたい。

『二十年後』では、幼少のルイ14世を頂きながらも宰相の地位にあるマザランへの国内での反発が強まって、フロンドの乱が起こるフランスが描かれている。
ダルタニャンとポルトスは王軍に、アトスとアラミスは叛軍に就いて戦うことになってしまい、さらには彼らの過去にまつわる因縁も発覚したものだから・・・。
デュマの小説が必ずしも歴史に忠実ではないとはいえ、内乱に荒れるフランスはもちろん、クロムウェルが台頭して王権が窮地に陥っているイギリスさえも舞台にする『二十年後』が読者を引き付ける力は並大抵のものではないと思われる。

政治的な駆け引きや裏切りといった汚さも描かれる『二十年後』ではあるが、四人の銃士の固い友情が読者の心に強い印象を残すのではなかろうか。
オデュッセウスを髣髴とさせるような機略に富んだダルタニャンの活躍も爽快であるが、貴族としての名誉を重んじるアトスの清廉さも、『二十年後』を鮮やかな光で縁取ってくれているように思う。

たいていの読者はこの『二十年後』を経て『ダルタニャン物語』の第3部である『ブラジュロンヌ子爵』を手にすることになるだろうが、あらすじに緊迫感もスピード感もあり、ドラマチックな要素にも事欠かない『二十年後』の読者は、ほぼ必然的に最終部を手にすることになるのではなかろうか。
三銃士』を楽しまれた読者は、まずは読者の期待を裏切るはずのないこの『二十年後』をぜひ読んでみていただければと思う。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク