『アルハンブラ物語』 アーヴィング (岩波文庫)

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈下〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈下〉 (岩波文庫)

書名:アルハンブラ物語
著者:ワシントン・アーヴィング
訳者:平沼 孝之
出版社:岩波書店
ページ数:367(上)、442(下)

おすすめ度:★★★★★




アーヴィングの代表作の一つがこの『アルハンブラ物語』である。
その名の通り、スペイン屈指の観光スポットであるアルハンブラ宮殿にまつわる故事や伝説を集めた本であると同時に、アルハンブラ宮殿にまつわるアーヴィング自身の旅行記にもなっている。
本書のおかげでアルハンブラ宮殿の知名度が高まったという経緯もあることから、アルハンブラ宮殿とは切っても切り離せない、必携、必読のガイドブックとも言えるのではなかろうか。

アーヴィングの作品には、わかりやすい文章中に趣深さが織り込まれているという印象があるが、『アルハンブラ物語』の記述もその例に漏れず、イスラム文化全般に対する初心者でもとっつきやすい記述に終始していながら、読者の心に訴えかける情緒にも富んでいるように思う。
その上、本書の場合は言葉だけでは把握しにくい部分を豊富なイラストが補ってくれるので、「獅子のパティオ」といったポイントは確実に押さえることができる。
アーヴィングならではの優しく気品に満ちた文体で描き出されるアンダルシア、その情景に触れて旅情をそそられない読者は皆無なのではなかろうか。

国や地域に関する紀行文に著名なものはいくつかあるが、一つの建物とそれを取り巻く環境に的を絞った作品で『アルハンブラ物語』ほど有名な古典的作品は他にないような気がする。
ある意味で一つのジャンルの頂点に位置するのが『アルハンブラ物語』であると考えても、必ずしも過大評価したことにはならないように思うがいかがだろうか。

言うまでもないことではあるが、アルハンブラ宮殿と『アルハンブラ物語』とは、互いが互いを高め合うとでもいおうか、絶妙な相乗効果を生み出してきたし、これからも新たな読者を得る度に生み出し続けることだろう。
スペインが誇る入り組んだ歴史と独特の風情漂うグラナダ、あの美しい町をこれから訪れる予定の方、もしくは過去に訪れたことのある方はもちろん、スペインに少しでも興味のある方はぜひ本書を手にしてみていただければと思う。
スポンサーサイト

『寓話』 フォークナー (岩波文庫)

寓話〈上〉 (岩波文庫)寓話〈上〉 (岩波文庫)寓話〈下〉 (岩波文庫)寓話〈下〉 (岩波文庫)

書名:寓話
著者:ウィリアム・フォークナー
訳者:阿部 知二
出版社:岩波書店
ページ数:348(上)、404(下)

おすすめ度:★★★★




フォークナー後期の長編作品の中で、代表的な位置付けにある作品の一つがこの『寓話』である。
フォークナーとキリスト教との関係性を顕著に示す作品であり、フォークナーの宗教観を知る上では格好の鍵となるのではなかろうか。

時は第一次大戦中、場所はフランス軍とドイツ軍が対峙する最前線。
ある日のこと、両軍ともに兵士が戦闘を放棄し、戦争が止まってしまうという奇妙な事態に。
兵士たちに戦闘を放棄するように仕向けた首謀者と目される男と、その一味である十三人が捕らえられ・・・。
つかみどころのない前半部分に、独特な理念を持ち込む後半が続く『寓話』ではあるが、章立て毎に何曜日の出来事なのかが書かれているので、フォークナーの長編作品にしては時間の流れはわかりやすいほうだといえる。
しかし、一文が妙に長く、時として論旨があいまいになりがちの複雑で力強いスタイルは『寓話』でも健在であり、読み応えはある反面、難解な作品であることも事実であろう。

神話や聖書に題材を求める場合など、先にある程度の型が決まっている作品では、読者がプロットやディテールにおいていささか窮屈な印象を受けるというのはありがちなことだが、この『寓話』からはこの窮屈さを感じることが少ないように思う。
フォークナーの奔放な創作力は、それが仮にキリスト教道徳の根幹である新約聖書であっても、既成の型に収まりきるものではないということなのかもしれない。

フォークナーにはいくつか作品群があり、それらは複数作品を読むことで一層味わいがあるものだが、この『寓話』は他の作品との直接的な関係性がほぼないので、それだけ単独で楽しめる作品になっている。
そうはいっても、『寓話』はフォークナーを既に何冊か読んだことのある人に向いている、いわば玄人向けの作品であるという気もする。
フォークナーをより深く鑑賞したい方にお勧めしたいと思う。

『ヨーロッパ人』 ヘンリー・ジェイムズ(ぺりかん社)

ヨーロッパ人 (1978年)ヨーロッパ人 (1978年)

書名:ヨーロッパ人
著者:ヘンリー・ジェイムズ
訳者:阿出川 祐子
出版社:ぺりかん社
ページ数:279

おすすめ度:★★★★




ジェイムズ初期の頃の長編作品の一つがこの『ヨーロッパ人』である。
タイトルから容易に察しがつくように、大西洋の東西で異なる価値観を物語の軸に据えた「国際状況もの」に分類される作品で、きわめてジェイムズらしい作品になっている。

ドイツの名門の家系に嫁いだものの、身分の差によって離婚されるかもしれない姉と、冴えない絵描きをしている弟が、運を開きにヨーロッパからアメリカの親戚を訪ねにやってくる。
結婚適齢期の男女のいる環境で、「ヨーロッパ人」である彼らの運は開けるのか・・・。
難解で知られるジェイムズの後期作品と比べると、『ヨーロッパ人』は登場人物の人間関係や心情が直接的に表現されているのでだいぶわかりやすい作品である。
そうはいっても、物語の裏を読み解く楽しさは残されているので、ジェイムズが文字にしないでおいた部分を読み解くことに喜びを感じられる上級者も楽しむことができるように思う。

『ヨーロッパ人』は、そのタイトルからいっても、舞台と状況が真逆になっている『アメリカ人』と対を成すとみなすことができる。
一方はアメリカを訪れたヨーロッパ人を、他方はヨーロッパを訪れたアメリカ人を描いているという差があるのだが、どちらの場合も、舞台となる地域の保守的な風潮に対して批判的に描かれているように感じられるのが面白いところである。
双方の文化をよく知るジェイムズだからこそ、双方向の「国際状況もの」が書けるのだということを痛感させられる気がする。

ジェイムズのファンならずとも楽しめるはずの『ヨーロッパ人』ではあるが、流通量は泣けてくるほどに乏しいというのが現状である。
ジェイムズに関心のある方には、早めに入手に動かれることをお勧めしたい。

『教授』 シャーロット・ブロンテ(みすず書房)

教授 (ブロンテ全集 1)教授 (ブロンテ全集 1)

書名:教授
著者:シャーロット・ブロンテ
訳者: 海老根 宏、広田 稔、武久 文代
出版社:みすず書房
ページ数:439

おすすめ度:★★★☆☆




ジェイン・エア』の作者として知られるシャーロット・ブロンテが初めて書いた本格的な長編作品がこの『教授』である。
本書には『エマ』と『ウィリー・エリン』という作品も収められているが、いずれも30ページ程度であり、まして未完の作品や断片にすぎないことから、多くの読者の関心を引くものであるとは考えにくい。
本書はあくまで『教授』を目当てに手にされるべき本であろう。

これといった財産もなく、有力な親戚の後ろ盾もなくしてしまった青年、ウィリアム・クリムズワース。
実の兄からもつれない仕打ちで迎えられる彼だったが、自らの力で生計を立て、精神的な自由をも勝ち取ることができるのか・・・。
主人公が男性であるにもかかわらず、『教授』にはシャーロット自身の実体験に基づく部分が多く、特にブリュッセルの女学校を舞台にする場面では精彩に富んだ記述にふんだんに出会うことができる。
他方で、初期作品であるという予備知識がそうさせるのかもしれないが、小説として細部がいまひとつ詰め切れていない、そんな印象も受ける作品だ。

ジェイン・エア』のような確固たる代表作があるシャーロット・ブロンテの場合、どうしても他の作品はその代表作と比較の対象になってしまうものだが、そういう面では『教授』はおあつらえ向きの作品となっている。
主人公の性別の違い、境遇の類似などの目立ったポイントに意識を向けて読むだけでも、一味違った鑑賞が可能になるように思う。

無名だったシャーロットが『教授』を出版しようとした際、複数の出版社にことごとく断られたという経緯があるらしい。
確かに、『教授』によってシャーロットが今日獲得しているような名声を得ることができたかというと、否定的な意見を持つ方が多いのではなかろうか。
本書の価格帯からしておのずとそうなるだろうが、本書はやはりシャーロット・ブロンテに強い関心を持っている方向けの本であると言える。

『太古の呼び声』 ジャック・ロンドン(平凡社)

太古の呼び声太古の呼び声

書名:太古の呼び声
著者:ジャック・ロンドン
訳者:辻井 栄滋
出版社:平凡社
ページ数:241

おすすめ度:★★★★




ロンドンの作品の中で、SFジャンルを代表する作品の一つがこの『太古の呼び声』だ。
今から何万年も昔の、人類への進化の途上にある原始人を主人公に据えるといった、他に例のない珍しい作品である。
そのような情緒も理知も不完全な時代を描いて文学作品として成立するのか、というもっともな危惧を抱く方もおられるかもしれないが、その点は大丈夫、ロンドンがうまい具合に理性的かつ現代的な観察者を設けてくれている。

幼少の頃から、寝ているときに遠い遠い祖先の体験した太古の記憶を夢見てしまう「私」。
言葉も持たない原始人が森やほら穴での暮らしで見ていたものとは・・・。
舞台となっている時代が途方もなく古いわりに生息している動植物が現代に似通い過ぎていたり、遺伝に関する理論に強引さがあったりするなど、学術的な観点からすると多少の違和感はあるのかもしれないが、それらを大目に見ればなかなか楽しい読み物である。

本書のタイトルは『太古の呼び声』とされているものの、原題は"Before Adam"であり、『アダム以前』とでもしておくべきものであろう。
それをあえてロンドンの一番の代表作である『荒野の呼び声』に似ていて紛らわしい『太古の呼び声』というタイトルにしたことに対して、営利的な打算が見え透いているように勘繰ってしまい、あまり好感を持てないのは私だけだろうか。

そうはいっても、訳書としての『太古の呼び声』のクオリティには文句はない。
最初から最後までロンドンらしい非常に読みやすい文体で訳出されていて、ましてイラストの多さが頻繁に目を楽しませてくれるとあっては、読者が本書を途中で投げ出してしまう可能性はほぼないに等しいのではなかろうか。
ロンドンのSF作品に関心のある方には、『赤死病』と合わせて本書をお勧めしたいと思う。

『ジョン・バーリコーン』 ジャック・ロンドン(現代教養文庫)

ジョン・バーリコーン―酒と冒険の自伝的物語 (現代教養文庫―ジャック・ロンドン・セレクション)ジョン・バーリコーン―酒と冒険の自伝的物語 (現代教養文庫―ジャック・ロンドン・セレクション)

書名:ジョン・バーリコーン
著者:ジャック・ロンドン
訳者:辻井 栄滋
出版社:社会思想社
ページ数:284

おすすめ度:★★★★




ジャック・ロンドンとアルコールとの関係性を描き出した作品が本書『ジョン・バーリコーン』だ。
本訳書の副題では「自伝的物語」と銘打っているが、『ジョン・バーリコーン』はアルコールとロンドンの関わりに焦点を据えた「自伝」であり、主人公は一貫してロンドンを示す「私」である。
そういう意味で、『マーティン・イーデン』のような小説が「自伝的」であるのとはニュアンスがだいぶ異なった作品になっている。

本書の表題になっている「ジョン・バーリコーン」とは、アルコールを擬人化した存在である。
カリフォルニアでのカキ泥棒時代、太平洋でのアザラシ漁水夫時代、そして作家として成功してからの日々など、至るところでロンドンは「ジョン・バーリコーン」と密接なつながりを持ってきた。
しばしば禁酒を説くページがあり、そこに説教臭さも感じられるのが本書の欠点かもしれないが、ここまで一つのポイントに焦点を絞った自伝も珍しく、文学作品としての興味深さは尽きないものがある。

若い頃に異常なほど豊富な経験を積んでいるロンドンの足跡は、ロンドンの作品に触れる読者にとってはこれまた汲めども尽きぬ興味の泉である。
水夫時代に立ち寄った小笠原諸島で起こした乱痴気騒ぎなどは、同じ日本人の目から見て少々目に余るように映るかもしれないが、それでもその時の経験を下敷きにして『小笠原諸島にて』のような日本を舞台にした短編作品が書かれることになるのかと思えば、やはり興味をそそるものになるはずだ。

『ジョン・バーリコーン』には、ロンドンのルンペン時代の詳細な記述が抜けているが、それを補完する作品がルンペン生活を詳述した『アメリカ浮浪記』となる。
作家としての駆け出しの時期は『マーティン・イーデン』が補ってくれるだろうし、その逆に、『マーティン・イーデン』における伝記的事実と創作部分を『ジョン・バーリコーン』の記述を基にしてある程度推察することもできるようになる。
自伝的作品群の核になる『ジョン・バーリコーン』、ロンドンに関心のある読者なら必ずや楽しめる一冊であろう。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク