『神秘の書』 バルザック(水声社)

神秘の書神秘の書

書名:神秘の書
著者:オノレ・ド・バルザック
訳者:私市保彦、加藤尚宏、芳川泰久、大須賀沙織
出版社:水声社
ページ数:432

おすすめ度:★★★☆☆




バルザックが自身の著作の中から神秘的傾向の強い作品を選び、一冊の著作として編んだのが本書『神秘の書』である。
人間喜劇の哲学的研究の中でも、その内容的な偏りからあまり紹介されることがないか、ひょっとすると敬遠すらされてしまう類の作品、すなわち『追放された者たち』、『ルイ・ランベール』、『セラフィタ』の三篇を収録している。
こういう種類の作品は、特異と言えば特異なのだが、裏を返せば、だからこそ読んでおくべきとも言えるのではなかろうか。

『追放された者たち』は、中世のパリを舞台とするというだけで、すでに他の人間喜劇の作品と一味違う。
神秘性はそれほど強くないが、歴史上のとある有名人物が登場するので、それだけでも興味深い作品であると言える。
『ルイ・ランベール』にも実在の人物が組み込まれていて、さらにはバルザック自身の自伝的要素も盛り込まれていて、リアリティ豊かな作品になっている。
こちらも神秘的というよりは、哲学的という形容がより正確であるような気がする。

『神秘の書』の中でも最も神秘色の強い『セラフィタ』は、過去に単行本が出されてもいる。
本書の中でも200ページ近くを占める『セラフィタ』は、やはりバルザックの神秘思想の中心に据えられるべき作品であろう。
本書の収録作品に限らず、バルザックの作品からは意外と神秘的な傾向を見て取ることができるというのは、よく指摘されていることでもある。

なかなか重厚な精神世界を描き出している『神秘の書』は、やはり一般向けの本であるとは言い難いが、間違って気軽に手を出してしまうようなタイトルの本でもないので、期待外れに終わることはそれだけ少ないだろう。
バルザックの神秘思想に触れてみたい方には、この本しかないと言える。
スポンサーサイト

『まぶしい庭へ』 ディキンソン(KADOKAWA)

まぶしい庭へまぶしい庭へ

書名:まぶしい庭へ
著者:エミリー・ディキンソン
訳者:ないとうえりこ
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
ページ数:63

おすすめ度:★★★★




ディキンソンの詩に、有名な絵本作家であるターシャ・テューダーの挿絵を添えて編まれた詩集が、本書『まぶしい庭へ』である。
春夏秋冬をテーマにした詩作品を、それぞれの季節ごとにいくつか選び出した作品となっていて、短い詩ばかりが収録されているものの、柔らかな挿絵の効果もあって、季節の移ろいを感じ取ることができる詩集になっているのではなかろうか。

『まぶしい庭へ』では、一つの詩に対して一つの挿絵が配されている。
詩を本書の中心ととらえてしまう私はそれらの絵を挿絵と呼んでしまうが、それだけでも十分に完成した絵本の世界を織り成すことのできる絵に対して挿絵と呼んだのでは、少々失礼な言い方になっているのかもしれない。
いずれにしても、それらの絵を通じて、ディキンソンが見ていたであろう風景を今日の読者が垣間見ることができ、詩人がその心に抱いていた原風景が見えてくるようで、たいへん興味深く感じられることは事実である。

本書の訳者である内藤氏自身が詩人であるだけに、他のディキンソンの翻訳書と比べて、『まぶしい庭へ』の訳文の語感のよさは際立っているように思う。
詩の訳文は、各々の読者によって好みの分かれやすいところなので一概には言えないが、ディキンソンはたぶんそれほど硬い詩を書きたかったわけではないと考える私にとっては、内藤氏の訳文は非常に心地よく読めるものであった。

本書『まぶしい庭へ』に訳出されている作品数は非常に少ないが、編者によるテーマの絞り方は、ディキンソンらしさを存分に引き出すことのできるものとなっている。
ディキンソンに関心のある方、ターシャ・テューダーに関心のある方、どちらも楽しめる一冊としてお勧めしたいと思う。

『わたしは誰でもない―エミリ・ディキンソン詩集』 ディキンソン(風媒社)

わたしは誰でもない―エミリ・ディキンソン詩集わたしは誰でもない―エミリ・ディキンソン詩集

書名:わたしは誰でもない―エミリ・ディキンソン詩集
著者:エミリー・ディキンソン
訳者:川名澄
出版社:風媒社
ページ数:144

おすすめ度:★★★★




ディキンソンの残した作品の中から、短いものばかり約60篇を集めたのが本書『わたしは誰でもない』である。
ディキンソンの詩は、そもそもが短いめのものではあるが、本書の収録作品は最長でも8行までと、特に短い小品ばかりが選ばれている。
おそらくはそのおかげで、それぞれの詩の制作年代はまちまちであるものの、詩集としては非常に統一感のある仕上がりになっている。

『わたしは誰でもない』には、愛、神、自然といったいかにもディキンソンらしいテーマに沿った詩が多く収められているので、ディキンソンの作品を好きな方ばかりでなく、ディキンソンがどういう詩人なのかをあまり知らない方が初めて読むにも適しているように思う。
孤独を愛する一人の女性の胸のうちからあふれ出る言葉の数々を読んでいるうちに、読んでいるこちらの胸まで優しい気持ちでいっぱいになってくるが、この感覚こそが、ディキンソンの詩が時代を越えて愛される理由の一つなのではなかろうか。

本書の構成は、右ページに原詩、左ページに訳文という、対訳形式となっている。
ディキンソンの原詩に触れることで、語数の少なさゆえにとっつきやすそうに感じられる反面、その解釈が意外と難しいことがわかるのではないかと思う。
率直なところを言えば、本書を読みながら、訳文がもう少しこなれたものであるといいと感じたことが何度かあったが、ストーリー性に乏しいディキンソンの短詩をうまく訳すのは、なかなか至難の業なのかもしれない。

ディキンソンの書くような内向的な詩は、一度読んだだけでは味わいつくせないのが普通だと思う。
文章量が少ないからといって、数時間のうちに一気に読み通して、それで終わりにしてしまうのももったいないと思う。
一人静かな黄昏時にでも、ゆっくりと味読されることをお勧めしたい。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク