『黄金虫・アッシャー家の崩壊』 エドガー・アラン・ポー(岩波文庫)

黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)
(2006/04/14)
ポオ

商品詳細を見る

書名:黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇
著者:エドガー・アラン・ポー
訳者:八木 敏雄
出版社:岩波書店
ページ数:410

おすすめ度:★★★★★




短編の名手として知られるポーの作品のうち、代表作である『黄金虫』と『アッシャー家の崩壊』を収録したのがこの本だ。
読み応えのある短編を数多く残しているポーの場合、短編集にどれを収めることにするか決定するのは非常に困難な作業であろうが、この岩波文庫版は量と質の両面からいって、たいへん充実したセレクションとなっている。
ポーを初めて読む人にもお勧めできる優れた短編集だ。

『アッシャー家の崩壊』は、ポーの全作品の中で最も知られたものの一つである。
不気味な雰囲気の漂う館を舞台にした、語り手の体験する不思議な体験を綴った傑作中の傑作だ。
一般にゴシック小説というジャンルに分類されており、併録されている『リジーア』や『群集の人』、『赤死病の仮面』や『アモンティラードの酒樽』などと合わせて読めば、ポーの描く怪しげな世界の虜となる読者も出てくることだろう。

『アッシャー家の崩壊』とは異なり、推理小説風の傑作として知られるのが『黄金虫』だ。
今日的な観点からすると『モルグ街の殺人』などと比べて不完全な意味でのミステリーであるが、暗号文をきわめて論理的に謎解きしていく書きぶりは、頭脳派の作家であるポーらしさが全面に打ち出されている。
数あるポーの作品のなかでも、筋の面白さが抜群の作品なので、ポーの短編を読むなら『黄金虫』は絶対にはずせないと思う。

欧米のみならず、ポーに由来するペンネームを持つ江戸川乱歩を筆頭に、この日本においても、ポーが文学界に与えた影響は計り知れない。
ポーの緻密さ、凝縮された文体、芸術品としての完成度の高さ、新ジャンルの確立・・・ポーの残した功績と、いまだに高く評価され続ける所以、これをぜひ味わっていただきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク