『完訳 緋文字』 ホーソーン(岩波文庫)

完訳 緋文字 (岩波文庫)完訳 緋文字 (岩波文庫)
(1992/12/16)
N. ホーソーン

商品詳細を見る

書名:完訳 緋文字
著者:ナサニエル・ホーソーン
訳者:八木 敏雄
出版社:岩波書店
ページ数:472

おすすめ度:★★★★★




本書はホーソーンの代表作である『緋文字』の完訳版だ。
わざわざ「完訳」と表記されているのは、この『緋文字』は冒頭の「税関」の章にて以下に語られるストーリーの関係書類が見つかるという体裁で始まる小説なのだが、その「税関」の章が省略されて翻訳されないことがあるためだ。
その章がなくても本筋は確かに成立するが、なるべく作者が書いたとおりのものに触れたいという読者は、「完訳」と書かれているものを選んだほうが無難だろう。

『緋文字』は若いアメリカ社会を舞台にした作品だ。
宗教色の強いピューリタン社会で、姦通をした人間の胸に記される緋色の「A」。
その緋文字を胸に愛娘と暮らしている女、ピューリタンとして模範的な生活を送っている牧師、この二人を中心に話は進んでいく。
宗教的生活と人間的生活、戒律と愛、真実と虚偽・・・対立項の間で模索する人々の心情を巧みに描いており、アメリカ文学初期の傑作として、『白鯨』と並びお勧めの長編作品だ。
スカーレット・レター [DVD]スカーレット・レター [DVD]
(2003/07/24)
デミ・ムーア、ゲイリー・オールドマン 他

商品詳細を見る

私は見ていないのだが、『緋文字』はデミ・ムーア主演の『スカーレット・レター』という映画になっている。
タイトルこそ原題に忠実だが、映画自体はあまり原作に従っていないらしいので、原作を知っている人が見るとおそらく賛否両論だろう。

宗教界と人間界の相克を描いた小説は、往々にして退屈きわまりない作品に堕しやすいものだが、この『緋文字』はテーマこそ深遠なものの、ストーリー性が強いおかげでたいへん読みやすく、読み始めるにあたり身構える必要はない。
17世紀のアメリカ社会という、あまり文学で触れられることの多くない時代を反映した名作でもあるので、他の文学作品と比べて独特な宗教的雰囲気も、必ずや楽しめることと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク