『ドン・キホーテ 前篇』 セルバンテス(岩波文庫)

ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)
(2001/01/16)
セルバンテス

商品詳細を見る
ドン・キホーテ〈前篇2〉 (岩波文庫)ドン・キホーテ〈前篇2〉 (岩波文庫)
(2001/01/16)
セルバンテス

商品詳細を見る

ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)
(2001/02/16)
セルバンテス

商品詳細を見る

書名:ドン・キホーテ 前篇
著者:セルバンテス
訳者:牛島 信明
出版社:岩波書店
ページ数:431(一)、393(二)、399(三)

おすすめ度:★★★★★




スペインが誇る超大作がセルバンテスの『ドン・キホーテ』だ。
「聖書に次ぐベストセラー」とも評されるほどで、筋の面白さが抜群な上に難解な部分はないときているので、一般受けは確実だ。
後篇』と合わせると全六巻と、なかなかの長編作品だが、どんどん読めてしまう傑作なので、臆することなくぜひ読み始めてみてほしい。

ドン・キホーテは、本名をアロンソ・キハーノというスペインの片田舎に暮らす下級貴族なのだが、『狂えるオルランド』のような騎士道物語に読みふけるあまり頭がおかしくなってしまう。
そんな彼がサンチョ・パンサという従者を従えて遍歴の騎士の真似事をし始めるわけだが、決して血の巡りのいい頭を持っていないサンチョが突きつける現実世界の描写と、魔法だ巨人だと荒唐無稽な妄想に侵されているドン・キホーテのちぐはぐなやり取りは、ただただ面白いとしか言いようがない。
一人はやせたのっぽ、一人はでぶのちび、この対照的な二人の珍道中はあまりに滑稽で、ひょっとすると『ドン・キホーテ』で笑えない読者はどの文学作品でも笑うことはできないのではなかろうか。

岩波文庫版には、表紙の絵がその一例だが、『狂えるオルランド』でも紹介したギュスターヴ・ドレの版画が多数挿入されている。
風車への突撃など、『ドン・キホーテ』には名場面が数多く存在するのだが、おそらくドレの描いた図像と共に強く読者の記憶に残るはずだ。
興味のある方は他の画家が描いたドン・キホーテ像を探してみるのも面白いだろう。
今ざっと思い出すところでは、ドーミエやピカソが特徴的で興味深い作品を残していたように思う。

文学作品としてあまり高く評価されることのなかった『ドン・キホーテ』は、後世になって様々な観点からその価値を認められて名を高めていった作品の一つだが、一般の読者が読むにあたっては、「単に滑稽な小説」として読むだけでも十分だと思う。
なにしろ、ここまで楽しめる本はめったにありはしないのだから。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク