『伝奇集』 ボルヘス(岩波文庫)

伝奇集 (岩波文庫)伝奇集 (岩波文庫)
(1993/11/16)
J.L. ボルヘス

商品詳細を見る

書名:伝奇集
著者:ホルヘ・ルイス・ボルヘス
訳者:鼓 直
出版社:岩波書店
ページ数:282

おすすめ度:★★★★★




アルゼンチンのみならず、ラテンアメリカを代表する作家であるボルヘスの代表作がこの『伝奇集』だ。
洋の東西を問わない豊富な学識を、詩人としての鋭敏な感性を用いて書き上げた、そんな印象を受ける独特な作風の短編集だ。
ボルヘスの作品はよく難解であると評されるし、明確な筋のある話を集めた一般的な意味での短編集ではないので、好きか嫌いか両極端な反応が予想されるが、どっぷりはまる可能性に賭けて、ぜひ一度は読んでみてほしい、そんな本だ。

おそらく『伝奇集』に収められている短編作品のあらすじを述べようとすることほど野暮なこともないだろう。
ボルヘスの魅力は言葉の迷宮にこそあるのだし、各々の読者が迷い込む迷宮で私がどのように迷ったのかをあらかじめ伝える必要もないはずだ。
ボルヘスの描く世界が迷宮であるからこそ、すべての読者は異なる道筋を進むのではなかろうか。
また、迷宮から抜け出すことができなくても、迷うこと自体を面白いと感じることができるのではなかろうか。

夢、時間、本、言葉、無限・・・ボルヘスの好むモチーフは数多いが、いくつか彼の作品を読んでいるうちに、きっと読者はボルヘスの傾向性をつかむことができるだろう。
それらのモチーフはいわばアリアドネの糸、迷宮を練り歩く際の手助けとなってくれるに違いない。
ボルヘスの他の作品に触れてから『伝奇集』に戻るとまた違う楽しみを味わうことができるはずなので、ボルヘスは再読をお勧めしたい作家でもある。

一般受けが絶望的であるこの『伝奇集』は、不幸にして途中で投げ出されることの多い本の一つだろう。
しかし、これを最後まで読み通し、ボルヘス・ワールドに魅了された読者は、『エル・アレフ』、『砂の本』と読み進めていただきたい。
ボルヘス・ワールドのさらなる虜となること疑いなしだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク