『トム・ジョウンズ』 フィールディング(岩波文庫)

トム・ジョウンズ〈1〉 (岩波文庫)トム・ジョウンズ〈1〉 (岩波文庫)
(1975/06/16)
フィールディング

商品詳細を見る
トム・ジョウンズ〈2〉 (岩波文庫)トム・ジョウンズ〈2〉 (岩波文庫)
(1951/12)
フィールディング

商品詳細を見る
トム・ジョウンズ〈3〉 (岩波文庫)トム・ジョウンズ〈3〉 (岩波文庫)
(1975/08/18)
フィールディング

商品詳細を見る

トム・ジョウンズ〈4〉 (岩波文庫)トム・ジョウンズ〈4〉 (岩波文庫)
(1975/09/16)
フィールディング

商品詳細を見る

書名:トム・ジョウンズ
著者:ヘンリー・フィールディング
訳者:朱牟田 夏雄
出版社:岩波書店
ページ数:300(一)、320(二)、329(三)、294(四)

おすすめ度:★★★★★




18世紀のイギリスを代表する作家の一人で、「イギリス小説の父」とも呼ばれるフィールディングの代表作がこの『トム・ジョウンズ』である。
同じイギリス人であるモームの選んだ『世界の十大小説』に入ってもいるほどの作品だが、残念ながら今日の日本ではあまり読まれていないのではなかろうか。
イギリス版『ドン・キホーテ』とでも言うべき愉快な物語である『トム・ジョウンズ』は読みやすいことこの上なく、幅広い読者層に受け入れられるように思われる名作の一つなので、少々長いがぜひ読んでみていただきたい作品の一つだ。

『トム・ジョウンズ』は、実直で正義感の強い青年であるトム・ジョウンズの珍道中を描いた作品である。
親族との亀裂があったり、かなわぬ恋に身をやつしたり、痴話騒ぎに巻き込まれたりと、波瀾に満ちたストーリー展開が読者を飽きさせることはないはずだ。
読者は好感の持てる主人公トムと共に、登場人物たちが絶妙に絡み合う大団円に向けて突き進んでいくことができるだろう。

イギリス小説といえば、スウィフトやディケンズを筆頭に、ユーモア精神に富んだ傑作を物した作家たちの宝庫であるが、フィールディングもその系譜中の一人である。
それどころか、最も重要な作家の一人でもあるだろう。
そういう意味では、純粋に楽しい読み物を求めている読者も、イギリス文学史に関心のある読者も、いずれをも満足させうる作家がフィールディングであるように思う。

物語性が強く面白い上に、朱牟田氏の翻訳も非常に読みやすいので、繰り返しになるが『トム・ジョウンズ』はぜひ読んでみていただきたい作品だ。
『トム・ジョウンズ』を気に入られた読者には、数年前に同じくフィールディングの『ジョウゼフ・アンドルーズ』が岩波文庫から出されたので、そちらも非常にお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク