『車輪の下』 ヘルマン・ヘッセ(新潮文庫)

車輪の下 (新潮文庫)車輪の下 (新潮文庫)
(1951/11)
ヘルマン ヘッセ

商品詳細を見る

書名:車輪の下
著者:ヘルマン・ヘッセ
訳者:高橋 健二
出版社:新潮社
ページ数:246

おすすめ度:★★★★★




数いるノーベル賞作家の中で、日本でもよく読まれている部類に入るヘッセだが、彼の作品の中で最もよく知られたものがこの『車輪の下』だろう。
しばしば難解な作風であると指摘されるヘッセだが、ヘッセの作品としては初期のものに分類されるこの『車輪の下』は、その難解さもさほど感じられないので、たいへん読みやすい作品といえる。
また、主人公が勉強に精を出す少年ということで、さほど特殊な環境に置かれた人々を描いているわけではなく、現代の日本人の多くが目指してきたもの、もしくは実際に経てきたものと似た道をたどる少年の描写は、読者の感情移入を容易にすることだろう。
読みやすく、しかも深みのある作品として、『車輪の下』は非常にお勧めだ。

内気で繊細な少年ハンスは、勉強もよくでき、周りからも「できる子」との烙印を押されている。
そんな彼が名門校に入学、エリート街道をまっしぐらに突き進んでいく。
一見順調そうに思われた彼の人生行路だったが・・・。
成績優秀な少年に向けられる周囲の一方的な期待を、「車輪」という語で表現するあたり、詩人としても知られるヘッセの詩的感覚の表れなのかもしれない。

ヘッセの代表作である『車輪の下』には、すでに数種類の翻訳がある。
しかし、高橋健二氏の名訳を上回るものはいまだ存在しないのではなかろうか。
すべての既訳に目を通したわけではないのであまり偉そうなことは言えないが、ヘッセの紹介者として有名で、ヘッセと面識もあった高橋氏の翻訳が最も優れたものの一つであることは間違いないように思う。

現に「車輪」を感じている人や、過去に「車輪」を感じたことのある人は決して少なくないことだろう。
本書はそのような人々の共感を呼ばずにはいない、はかなくも、どこか優しさの感じられる傑作である。
ヘッセが『車輪の下』で描いたテーマ、すなわち弱者を押しつぶす「車輪」が、一日も早く過去の遺物となることを願いたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク