『武器よさらば』 ヘミングウェイ(新潮文庫)

武器よさらば (新潮文庫)武器よさらば (新潮文庫)
(2006/05)
アーネスト ヘミングウェイ

商品詳細を見る

書名:武器よさらば
著者:アーネスト・ヘミングウェイ
訳者:高見 浩
出版社:新潮社
ページ数:565

おすすめ度:★★★★★




ヘミングウェイの代表作として知られる長編作品がこの『武器よさらば』だ。
過去に映画化されていることからもわかるように物語性も強く、ヘミングウェイの特長が最も表れている小説作品の一つなので、ヘミングウェイを初めて読む方にも最適な作品であるように思う。

『武器よさらば』は、第一次世界大戦中のイタリアを舞台にしている。
そこへ志願兵として赴いたアメリカ人青年のフレデリックは、負傷して入院することとなったが、そこで魅力的な女性キャサリンに出会う。
戦火の激しくなっていく中、二人の恋の行方は・・・。
実際に起きた戦争を背景に描いた作品だが、それはあくまで背景としてであって、歴史小説的な雰囲気は帯びていない。
ヘミングウェイ自身の体験を素材にしている部分も多く、個人の目からとらえた戦争といった印象が強いが、それだけ登場人物に対する関心や共感が高まりやすいと言えるかもしれない。

ヘミングウェイといえばシンプルな文体が特徴と言われているが、事実、彼の作品には数行にもわたる長い一文というものがめったにない。
ヘミングウェイの読者はみな、会話部分の多い、スピード感あふれる筆致を感じ取ることができるはずだ。
緊迫感あるストーリーにふさわしい書き方なので、これを気に入られた方は『誰がために鐘は鳴る』など、ぜひヘミングウェイの他の作品へと読み進めていただきたい。

長編作品である『武器よさらば』は、出版社によっては二分冊で出版しているようだが、この新潮文庫版は厚めの一冊にまとめてくれている。
すでにアメリカ文学の古典となった名作だが、難解さはないので、手頃に読める大きな感動を、一人でも多くの方に味わっていただきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク