スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『対訳 ブレイク詩集』 ウィリアム・ブレイク(岩波文庫)

対訳 ブレイク詩集―イギリス詩人選〈4〉 (岩波文庫)対訳 ブレイク詩集―イギリス詩人選〈4〉 (岩波文庫)
(2004/06/16)
ウィリアム ブレイク

商品詳細を見る

書名:対訳 ブレイク詩集―イギリス詩人選〈4〉
著者:ウィリアム・ブレイク
訳者:松島 正一
出版社:岩波書店
ページ数:345

おすすめ度:★★★★




おそらく詩人としてよりは銅版画家として有名なウィリアム・ブレイクだが、彼の代表的な詩作品の多くを対訳の形で収録したのがこの『対訳 ブレイク詩集』だ。
「幻視者」と呼ばれることからもわかるように、特異な思想を抱いていたブレイクの神秘的かつ幻想的な詩風は誰にも真似のできない無二のもので、ロマン派というくくりの中に限らず、世界文学の中でもある意味で飛び抜けた存在である。
文学史の流れに収まりきらない個性の強い作家に関心のある方は、ぜひブレイクを手にしていただきたい。

本書には『無垢と経験の歌』、『セルの書』、『天国と地獄の結婚』、『アルビヨンの娘たちの幻覚』などが収録されている。
いずれもブレイクの性格をよく表すものとして抜粋されているようで、全訳でない部分が残念に思われるところもあるにせよ、詩人ブレイクの相貌を窺うには最適の一冊に仕上がっていると言えるだろう。

右は『無垢と経験の歌』の口絵である。
画家・銅版画家としても比類なき才能を発揮したブレイクは、自らの詩集の彩飾印刷にもこだわりを見せていて、詩作品だけではなく画業においても鑑賞者が掘り下げていく余地を大きく残している。
また、自らの詩集に付するためのものばかりでなく、詩人として敬愛していたダンテの傑作『神曲』の名場面を描いた水彩画も数多く残しており、知れば知るほど面白いのがブレイクという「幻視者」ではなかろうか。

ブレイクの詩は、少なからざる読者から支持を受けているに違いないにもかかわらず、あまり邦訳されていないというのが現状だ。
ブレイクの手になるイラストをそのまま再現した詩集が出されれば、そこそこ売れるように思うのは私だけだろうか。
岩波文庫のイギリス詩人選の一冊に入ったこの『対訳 ブレイク詩集』だが、英詩の対訳ということで、必ずしも万人が楽しめる本ではないかもしれないが、ブレイクのヴィジョンを共有してみたいと思われる方は、ぜひ本書を読んでみていただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。