『ドン・ジュアン』 バイロン(冨山房)

ドン・ジュアン 上ドン・ジュアン 上
(1993/04/24)
G.G. バイロン

商品詳細を見る
ドン・ジュアン 下ドン・ジュアン 下
(1993/07/14)
G.G. バイロン

商品詳細を見る

書名:ドン・ジュアン
著者:ジョージ・ゴードン・バイロン
訳者:小川 和夫
出版社:冨山房
ページ数:546(上)、554(下)

おすすめ度:★★★★




バイロンの代表作であり、その死によって執筆が中断された未完の大作が、この『ドン・ジュアン』である。
物語の筋を語るだけではなく随所に作者バイロンが顔を出し、自らの考えを述べることもあれば私怨を晴らすための揶揄をも織り交ぜるという、いわゆる脱線の連続から成る作品であるが、それだけバイロンという人物像に接近しやすい著作ということができるだろう。
バイロンの伝記的要素に関しては丁寧な脚注が助けてくれるので、バイロンの入門書として読むのも悪くないように思う。

『ドン・ジュアン』は、言わずと知れたスペインの伝説的な放蕩児ドン・ファンを主人公に迎えた長編物語詩である。
若い頃に地中海世界を広く旅した経験を持ち、数多くの女性関係の噂されていたバイロンだけに、ドン・ジュアンが辿る各地を転々とする道筋や、恋多き数奇な運命は、どこかバイロンと重なるところがあるように感じられる。
本作のドン・ジュアンは、しばしば恋に溺れることがあるとはいえ、遊蕩児としてのイメージよりも折り目正しき紳士としての風格が強調されている部分が多く、ひょっとすると晩年のバイロン自身の理想を体現しているのがジュアンなのかもしれない。

実際のところ、バイロンの描くジュアンをふしだらに過ぎるといって責める読者は、今日の日本には存在しないことだろう。
当時のイギリス社会と比べて性的交渉がはるかに自由になったため、ジュアンの行動は取り立てて言うほど放埓であるとはもはや感じられないのだ。
そういう意味では、『ドン・ジュアン』に放蕩を重ねる主人公の描写を期待すると期待はずれになる可能性は否めないのだが、風刺と機知に富み、バイロンの性格を色濃く反映した作品である『ドン・ジュアン』は、いかに道徳が移り変わろうとも文学作品としてその寿命を永らえていくに違いない。

バイロンは比較的早くに日本に紹介されたイギリス詩人であるにもかかわらず、『ドン・ジュアン』の完訳が出版されるのは本書が初めてとのことらしい。
原書が大作であるのと同様、その翻訳も労作と呼ぶにふさわしい素晴らしい出来であるように思う。
脱線を嫌う読者には不向きであろうが、脱線をも楽しめるという方には強くお勧めしたい作品だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク