『サキ傑作集』 サキ(岩波文庫)

サキ傑作集 (岩波文庫 赤 261-1)サキ傑作集 (岩波文庫 赤 261-1)
(1981/11/16)
サキ

商品詳細を見る

書名:サキ傑作集
著者:サキ
訳者:河田 智雄
出版社:岩波書店
ページ数:206

おすすめ度:★★★★★




優れた短編作家として知られるサキの有名作品を集めたのがこの『サキ傑作集』である。
読みやすい上に面白い作品を数多く残しているにもかかわらず、日本での知名度はなぜかいまひとつの作家であるが、サキはO・ヘンリーに比せられる短編の名手でもある。
ポーやモーパッサンの流れを汲む、いわゆる落ちのあるストーリーの作家としては、一つ一つの作品が短くまとまっていることもあり、自信を持ってお勧めできるのがサキだ。
サキの短編集は他の出版社からも文庫本としていくつか出されているが、収録作品の内容からいうとこの岩波文庫版が最も優れているのではなかろうか。

『サキ傑作集』には、『アン夫人の沈黙』、『狼少年』、『開いた窓』、『スレドニ・ヴァシュター』など、サキの代表作を含む全21編が収録されている。
冷笑を誘う独特なユーモアセンス、ちくりと刺さる風刺のとげの心地よさ、物語の筋を前面に押し出した簡潔きわまるサキの文体、これらの虜となる読者も少なからずいることだろう。
サキ短編集 (新潮文庫)サキ短編集 (新潮文庫)
(1958/02)
サキ

商品詳細を見る

読みやすさと面白さをその特徴としている作家だけに、私のようにサキの他の作品をもっと読みたいと思われる読者も出てくるに違いない。
右は新潮文庫の『サキ短編集』で、岩波文庫の『サキ傑作集』との重複が多いとはいえ、『平和的玩具』、『ビザンチン風オムレツ』など、こちらも大いにサキらしい作品が集められている。
岩波文庫のほうと違い、新品での入手も可能なので、こちらも合わせてお勧めしたい。

夭折というほどではないにせよ、サキは四十代の半ばに第一次世界大戦の犠牲となっており、サキの作品を楽しむ読者からすると個性の強い作家の早すぎる死が悔やまれてならないところだ。
しかし、短編作家としての巧みな手腕を感じさせるサキの作品は、O・ヘンリーのそれと共に、これからも末永く生きながらえていくことだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク