スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『自負と偏見』 ジェーン・オースティン(新潮文庫)

自負と偏見 (新潮文庫)自負と偏見 (新潮文庫)
(1997/08)
J. オースティン

商品詳細を見る

書名:自負と偏見
著者:ジェーン・オースティン
訳者:中野 好夫
出版社:新潮社
ページ数:606

おすすめ度:★★★★★




イギリスを、いや世界を代表する女流作家であるジェーン・オースティンの代表作が、この『自負と偏見』である。
邦訳は『高慢と偏見』と題されることが一般的で、中野訳は『自負と偏見』を採用しているが、内容は同じものである。
漱石が絶賛したことでも知られるオースティンの作品は、難解な点がまったくないので非常に読みやすく、ユーモアと情緒に富んだ作風がストーリーの面白さを引き立てており、これからも幅広い読者に受け入れられ続けるに違いない。

イギリスの田舎に暮らす中・上流階級の娘たちの最大の関心事といえば、やはり恋愛、そして結婚だろう。
ある日、両親と共に暮らす五人姉妹の近所に、裕福な独身青年が現れるという「大事件」が起こり・・・。
育ちの良い女性の視点からとらえられた田舎の生活は美しさ、愛らしさに満ちていて、とても気持ちよく読み進められる作品といえるだろう。
プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ドナルド・サザーランド、マシュー・マクファディン 他

商品詳細を見る

本書の表題は『高慢と偏見』とされるのが一般的だが、要は原題の"pride"をどのように訳出するかにかかっている。
一読した感じで「高慢」という訳語は少々強すぎるのではないかと感じられる方もいるだろうし、事実、キーラ・ナイトレイを主演に迎えた右の映画化作品では、その邦題が『プライドと偏見』とされてもいる。
これまでは"pride"が「高慢」だったり「自負」だったりと訳されてきていたが、「プライド」という片仮名語の普及した今日では、ひょっとすると『プライドと偏見』が最もしっくりくるのかもしれない。
それはそうと、比較的原作に忠実な映画『プライドと偏見』は、演出に凝りすぎることもなく、それでいて衣装や風景などの映像はたいへん美しく、『自負と偏見』の読者には自信を持ってお勧めできる映画だ。

岩波文庫の『高慢と偏見』は、上下二分冊である上に、訳文の評判があまり芳しくないらしい。
文章に対する好みは分かれるところかもしれないが、中野好夫氏による『自負と偏見』のほうは、一冊になっているだけに手頃であることは間違いない。
モームが「世界の十大小説」の一つに選んだ『自負と偏見』、ぜひ読んでみていただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。