スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オネーギン』 プーシキン(岩波文庫)

オネーギン (岩波文庫 赤604-1)オネーギン (岩波文庫 赤604-1)

書名:オネーギン
著者:アレクサンドル・プーシキン
訳者:池田 健太郎
出版社:岩波書店
ページ数:232

おすすめ度:★★★★★




近代的なロシア文学を築き上げるに当たって多大な功績のあった国民詩人、アレクサンドル・プーシキンの代表作がこの『オネーギン』だ。
原題は『エヴゲーニイ・オネーギン』で、現在ではその表題を掲げている訳書も増えてきているが、岩波文庫版では古くから『オネーギン』とされている。
原文が韻文で書かれた小説であるため、翻訳のスタイルも訳者によって分かれてくるが、この岩波文庫版では散文訳が採用されており、また2006年に改版になったということもあり、非常に読みやすい一冊となっているように思う。

あらすじに関するネタばれは極力避けるようにはしているものの、『オネーギン』を語る上で、右のレーピンによる『オネーギンとレンスキー』を紹介せずにはいられない。
財産はあるが無為な日々を送っているエヴゲーニイ・オネーギンが、友人と決闘をする仕儀となった場面を描いた有名な一幅だ。
どちらかが命を落としかねない決闘という場面は必然的に悲哀と緊張感を漂わせるが、プーシキン自身が『オネーギン』発表の数年後に決闘で果てることとなったという事実を知る後世の読み手としては、オネーギンの決闘の場面にはいっそう感慨深いものがあるだろう。

オネーギンは、レールモントフの『現代の英雄』やツルゲーネフの『ルーヂン』へと連なる、いわゆる「余計者」の典型像でもある。
そして生きがいや確固たる信念を持たない若者の姿は、必ずしも19世紀的な過去の遺物と捨て切れないのではなかろうか。
そういう意味では、本書で取り上げられる恋愛感情をも含めて、『オネーギン』で描かれた心象風景はまったく古びていないと言えると思う。

初期のロシア文学を代表する作家、プーシキンの代表作ということで、『オネーギン』はいわばロシア文学草創期を代表する作品ともなっている。
オネーギンの生き様は今も昔も読者の心に何かしらを訴えかける力を秘めているように思われるし、ロシア文学の系譜の上でも重要視されてしかるべき作品でもあるため、ロシア文学に興味のある方にはぜひ一読をお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。