『ウィンザーの陽気な女房たち』 シェイクスピア(白水Uブックス)

ウィンザーの陽気な女房たち  シェイクスピア全集 〔18〕 白水Uブックスウィンザーの陽気な女房たち シェイクスピア全集 〔18〕 白水Uブックス
(1983/01)
ウィリアム・シェイクスピア

商品詳細を見る

書名:ウィンザーの陽気な女房たち
著者:ウィリアム・シェイクスピア
訳者:小田島 雄志
出版社:白水社
ページ数:181

おすすめ度:★★★★




作品の舞台に異なる時代の異国を選ぶのを常としているシェイクスピアにしては珍しく、シェイクスピアが戯曲家として活躍していた当時のイギリスを舞台に繰り広げられる喜劇作品がこの『ウィンザーの陽気な女房たち』だ。
ヘンリー四世』に登場し、ひときわ鮮烈な印象を放っていた道化た騎士フォールスタッフを主人公に迎えるという、史劇の中の人物を喜劇にも用いるという操作もまたきわめて珍しく、いろいろな観点から見てシェイクスピアにとっての異色の作品の一つと言えるだろう。
ちなみに、登場人物の重複はあっても直接的なストーリーの連関性はないので、『ヘンリー四世』を読まずして『ウィンザーの陽気な女房たち』だけを読んでもまったく問題はないはずだ。

金策も兼ねて裕福な人妻を口説いてかかる傍若無人な騎士、フォールスタッフ。
そのことに憤ったウィンザーの女房たちは、無礼なフォールスタッフに仕返しをしてやろうと考えをめぐらせ・・・。
横柄で滑稽な、いかにも喜劇的人物であるフォールスタッフ。
そのやられっぷりに読者は痛快さを覚えずにはいられないので、やはりフォールスタッフは喜劇の主役としては格好の存在といえるだろう。
ウィンザーの陽気な女房たち―シェイクスピア全集〈9〉 (ちくま文庫)ウィンザーの陽気な女房たち―シェイクスピア全集〈9〉 (ちくま文庫)
(2001/05)
ウィリアム シェイクスピア

商品詳細を見る

右に示すように『ウィンザーの陽気な女房たち』はちくま文庫版も出されているとはいえ、作品自体が今日の日本で多くの読者を獲得しているとは言い難いところがある。
シェイクスピアの傑作としてその名が挙げられることはほぼないのかもしれないが、オペラに造詣の深い方であれば『ウィンザーの陽気な女房たち』はいくらか身近な作品であるはずだし、シェイクスピアの他の喜劇と比べても読みやすさは抜群となっている。
シェイクスピアに興味のある方はぜひフォールスタッフの活躍をお楽しみいただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク