『夢小説・闇への逃走 他一篇』 シュニッツラー(岩波文庫)

夢小説・闇への逃走 他一篇 (岩波文庫)夢小説・闇への逃走 他一篇 (岩波文庫)

書名:夢小説・闇への逃走 他一篇
著者:アルトゥル・シュニッツラー
訳者:池内紀、武村知子
出版社:岩波書店
ページ数:334

おすすめ度:★★★★




シュニッツラーの作品の中でおそらく最も有名な『夢小説』を中心に編まれた一冊が、この『夢小説・闇への逃走 他一篇』である。
表題作『夢小説』と『闇への逃走』のほかに『死んだガブリエル』という短い作品を収録していて、いずれもきわめてシュニッツラーらしい作風のものなので、シュニッツラーを初めて手にする方に特にお勧めしたい一冊となっている。

『夢小説』はウィーンに暮らす医師が主人公。
急患の呼び出しを受けて赴いた先で、彼の一夜の「夢」が始まりを告げ・・・。
シュニッツラーの心理描写の腕前を存分に発揮した『闇への逃走』、シュニッツラーがよく用いる設定を駆使した『死んだガブリエル』も読みごたえは十分だ。
アイズ ワイド シャット [DVD]アイズ ワイド シャット [DVD]

『夢小説』は、映画『アイズ・ワイド・シャット』の原作となったことにより、そのあらすじは案外よく知られているのではなかろうか。
こちらの映画作品は、トム・クルーズとニコール・キッドマンという当時実際に夫婦だった二人を迎えた鬼才スタンリー・キューブリック監督によるもので、シュニッツラーの作品の帯びる妖しさが鮮明に伝えられているように思う。

原題が"Traumnovelle"である『夢小説』は、他の出版社からは『夢奇譚』、『夢がたり』などと題されて訳出されている。
邦題の良し悪しはおくとしても、複数の翻訳があるということはそれだけ今日の日本でシュニッツラーの作品の魅力が認められているという証拠であるとは言えるだろう。
それほど有名な作家ではないかもしれないし、明るい雰囲気の作品を求める方には不向きかもしれないが、読者をじわじわと闇の世界にいざなうシュニッツラーの作品は、一度手にしていただく価値を十分備えているに違いない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク