『阿片常用者の告白』 ド・クインシー(岩波文庫)

阿片常用者の告白 (岩波文庫)阿片常用者の告白 (岩波文庫)

書名:阿片常用者の告白
著者:トマス・ド・クインシー
訳者:野島 秀勝
出版社:岩波書店
ページ数:246

おすすめ度:★★★★




イギリスにおけるロマン派散文作家、ド・クインシーの代表作として知られるのが本書『阿片常用者の告白』である。
オリジナリティの強い魅力的な表題であることは誰もが認めるところだろうが、その内容や文体にも大いに興味深いものがある。
作品自体の知名度はさほど高くないかもしれないが、一読の価値ある特異な作品としてたいへんお勧めだ。

ド・クインシー自身が阿片を常用していたからこそ書けたのがこの『阿片常用者の告白』であると言える。
なぜ阿片に手を出すようになったのか、どうやって阿片を断つことができたのか、それらの詳細はド・クインシー自身の「告白」に譲ることにするが、阿片を常用した者にしかわからない独特な精神状態を主観的に述べたあたりは、自ずと読者を釘付けにすることだろう。

ド・クインシーの文章に触れる際には、単に書かれている内容を楽しむだけではなく、その研ぎ澄まされた筆致もぜひ味わっていただきたい。
阿片を使用している際にどういう症状に陥るのかという点にのみ興味のある方は、ひょっとすると『阿片常用者の告白』にやや退屈を覚えるのかもしれないが、洗練された文体の読み応えはイギリス文学史中においてもトップクラスを誇るのではないかと思う。
本書を一度読めば、『阿片常用者の告白』が単なる体験記を超えた一つの文学作品に仕上がっていることに誰もが納得いただけるはずだ。

最近になって岩波文庫で本書が出されるまで、ド・クインシーは日本ではほとんど顧みられることのない作家の一人だったのではなかろうか。
しかし、文学史の中に埋もれさせてしまうにはド・クインシーはあまりに惜しい作家である。
『阿片常用者の告白』によってド・クインシーの作品世界に魅了された方は、その続編である『深き淵よりの嘆息』へとぜひ読み進めていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク