スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩』 (岩波文庫)

ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩 (岩波文庫)ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩 (岩波文庫)

書名:ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩
著者:作者不詳
訳者:忍足 欣四郎
出版社:岩波書店
ページ数:343

おすすめ度:★★★★




イギリス文学の原点ともいうべき作品の一つがこの『ベーオウルフ』である。
「中世イギリス英雄叙事詩」という副題が示すとおり、ベーオウルフという英雄をテーマにした叙事詩という形式を取っており、その点ではヨーロッパの他の国々における文学の黎明期の作品と同系列のものと言えるかもしれない。

勇士として名高いベーオウルフが、怪物の出現に悩まされていたデンマーク王の元へとやってくる。
そこへ予期していたとおりに怪物が現れ、ベーオウルフは勇猛果敢にも怪物に立ち向かっていくのだったが・・・。
『ベーオウルフ』のあらすじ自体はさほど複雑ではないのだが、古めかしい原文に沿わせた結果、訳文が少々凝ったものとなっているため、中には難しい文章だと感じられる読者もいるかもしれない。
しかし、この岩波文庫版にはしっかりとあらすじが載せられているから内容が把握できないということはないだろうし、むしろその訳文のおかげで中世文学の雰囲気を感じ取ることが可能となっていると言えるのではなかろうか。
ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組) [DVD]ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組) [DVD]

『ベーオウルフ』は、数年前に右に示した『ベオウルフ/呪われし勇者』というハリウッド映画が公開されたことでも注目を浴びていた。
配役もなかなか豪華なものであったし、CGを多用したその視覚効果にもだいぶこだわりを感じさせる作品なので、『ベーオウルフ』の読者であればこちらもぜひ一度ご覧いただければと思う。
原作との相違が少なくないというのもあり、映画と原作の両方を知っていたほうがいっそう深く楽しめるに違いない。

力強く、なおかつ華麗な文学作品である『ベーオウルフ』。
騎士道物語のルーツに興味のある方にはたいへんお勧めの作品だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。