『金色の盃』 ヘンリー・ジェイムズ(講談社文芸文庫)

金色の盃〈上〉 (講談社文芸文庫)金色の盃〈上〉 (講談社文芸文庫)金色の盃〈下〉 (講談社文芸文庫)金色の盃〈下〉 (講談社文芸文庫)

書名:金色の盃
著者:ヘンリー・ジェイムズ
訳者:青木 次生
出版社:講談社
ページ数:562(上)、597(下)

おすすめ度:★★★★




大使たち』、『鳩の翼』と合わせて三部作と呼ばれているジェイムズ後期の長編作品の一つがこの『金色の盃』である。
難解とされる三部作の中でも特に難解であると言われていて、作品自体も他の二作と比べていっそう長いため、『金色の盃』の敷居は高いと言わざるをえないが、ジェイムズ最後の長編作品ということもあり、ジェイムズに関心のある方はぜひ読んでみていただきたい。

物腰や肩書きは立派なれど財産の伴わないイタリアの公爵と、非常に裕福な父を持つアメリカ人の娘マギーが結婚をすることに決まったというところから話は始まる。
結婚の直前になって、マギーの友人であるシャーロットが突然やってくるが、そのシャーロットはといえば、かつて公爵と親しい間柄にあった女性の一人なのであり・・・。
すべてを明白にはしてくれないジェイムズのおかげで、結婚や財産、愛情や嫉妬などを巡って、読者は小説世界で実際に何が起きていたのかを把握することさえしばしば困難となるに違いない。
むしろ、読者の頭の中で事情が自ずと錯綜していくのが、「迷路」とも称されるジェイムズの後期長編作品の醍醐味であるとも言えるだろうか。

ジェイムズの長編作品の常で、『金色の盃』においても、たいした役割を担っていない人々を除いた、実質的な意味での登場人物はきわめて少ない。
『金色の盃』を読むには通常以上の注意力と集中力を必要とするが、これで登場人物が多かったとしたら、ほとんどの読者は何が何やらわからなくなってしまうのかもしれない。
そういう意味では、たいていの読者が把握できるぎりぎりの一線、その線上に位置するのが『金色の盃』であると言うこともできるだろうか。

難解だ、難解だと言われると、読み終わった後にジェイムズによって煙に巻かれたような印象を受けるのではないかと心配される方もおられるかもしれないが、本書の下巻には100ページほどの紙幅を割いて解説が載せられているので、読者は少なくとも訳者の見解には存分に触れることができる。
それを答え合わせの場とみなす読者もいるだろうし、自らの読みとの対決の場とみなす方もいるかもしれないが、いずれにしても、読み応え十分な『金色の盃』を一度手にされた方は、是非最後まで読み通して、これまた読み応え十分な解説にまでたどり着いていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク