スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セワ゛ストーポリ』 トルストイ(岩波文庫)

セワ゛ストーポリ (岩波文庫)セワ゛ストーポリ (岩波文庫)

書名:セヴァストーポリ
著者:レフ・トルストイ
訳者:中村 白葉
出版社:岩波書店
ページ数:208

おすすめ度:★★★☆☆




若きトルストイの文名を高からしめた出世作がこの『セヴァストーポリ』である。
自らも従軍していたセヴァストーポリの包囲戦を扱った作品で、『戦争と平和』をはじめ、戦争を題材にした作品を数多く執筆したトルストイにとっては、誰もが納得の出世作と言えるのではなかろうか。
また、『セヴァストーポリ』はその題材のジャンルとして興味深いだけでなく、一個の文学作品としてももちろん大いに読み応えを秘めているので、トルストイのファン以外の読者も楽しめることだろう。

『セヴァストーポリ』は、三つの作品から構成されている。
いずれも戦時中のセヴァストーポリを舞台にしたものであることは変わらないが、1854年12月、1855年5月、1855年8月と、描かれている時期は異なっている。
それぞれの作品の長さもまったく違うし、そして何よりもトルストイの書きぶりにも相違が見られるので、『セヴァストーポリ』という一つのタイトルにまとめられている中にも、独特の奥行きすら感じさせる作品群に仕上がっていると言えるはずだ。
一般に戦争ものは偏った見地から書かれると退屈この上ない駄作に陥りがちだが、『セヴァストーポリ』がそのような失敗を犯していないのは言うまでもない。

岩波文庫版の『セヴァストーポリ』の難点を挙げるとすれば、これは初版年度の古い岩波文庫の常であるが、旧漢字が多用されていることだろう。
慣れてしまえばどうということはないし、慣れていずともまったく読み進めることができないほどの人はそうそういないとは思うが、近年新たに出されている出版物と比べて読みにくいことは間違いない。

そういう意味ではこの『セヴァストーポリ』、あまり一般受けはしないのかもしれないが、トルストイの出世作と聞いて感心を持たれた方は、ぜひ手にしていただければと思う。
多少の読みにくさに失望されたとしても、発表当時のロシアで一大センセーションを巻き起こしたその内容には必ずや満足いただけることだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。