『息子と恋人』 D.H.ロレンス(世界文学全集 38)

世界文学全集 38 ロレンス (38) 息子と恋人世界文学全集 38 ロレンス (38) 息子と恋人

書名:息子と恋人
著者:D.H.ロレンス
訳者:伊藤 整
出版社:河出書房新社
ページ数:500

おすすめ度:★★★★★




D.H.ロレンスの出世作であり、代表作の一つにも数えられている長編作品が本書『息子と恋人』である。
ロレンスの自伝的要素が色濃く打ち出されているのが特徴で、『息子と恋人』以外の自伝的要素が垣間見える作品、たとえば戯曲『炭坑夫の金曜日の夜』などに接する前に読んでおくと、それだけでもだいぶ印象が異なることだろう。
作品自体の面白さだけではなく、他の作品との横のつながりもあるため、ロレンスに興味のある方は必読といってもいい作品だと思う。

『息子と恋人』の舞台となるのはイングランドのとある炭鉱町。
愛情に乏しい夫を持った妻の心は、息子たちを見守ることに傾けられていく。
思い惑う年頃を迎えた息子は、学び、働き、そして恋をする・・・。
読者がそれぞれの登場人物の振る舞いに共感を得られるという作品ではないかもしれないが、ロレンス一家がモデルになっているために作品世界がリアリティに富んでいるのは本書の魅力と言えるのではなかろうか。
息子と恋人 (上巻) (新潮文庫)息子と恋人 (上巻) (新潮文庫)息子と恋人 (中巻) (新潮文庫)息子と恋人 (中巻) (新潮文庫)息子と恋人 (下巻) (新潮文庫)息子と恋人 (下巻) (新潮文庫)

ロレンスの代表作である『息子と恋人』であるが、今日の日本での出版状況は好ましいものとは言い難い。
右に挙げたようにかつては新潮文庫から出されていたようだが、それも今では中古でしか手に入らない状態だ。
『息子と恋人』には岩波文庫版もあるらしいが、それも希少なものとなっているらしく、文学全集に収録されたものが最も入手しやすいように思う。

『息子と恋人』はいろいろな点できわめてロレンスらしい作風の長編作品である。
晩年に書かれた『チャタレイ夫人の恋人』とは一味違うものの、それでいて両方の作品に共通するロレンスならではの筆致も随所に見受けられる。
ロレンスを読みたい方には強くお勧めできる作品だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク