スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』 サド(岩波文庫)

ジュスチーヌまたは美徳の不幸 (岩波文庫)ジュスチーヌまたは美徳の不幸 (岩波文庫)

書名:ジュスチーヌまたは美徳の不幸
著者:マルキ・ド・サド
訳者:植田 祐次
出版社:岩波書店
ページ数:598

おすすめ度:★★★★




サドの代表作の一つが本書『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』である。
サドの作品にしては思索的な側面より物語性の強いことが特徴であるが、サディズムという名称がなぜ彼に由来するのか、本書を読むだけでも十二分に納得がいくことだろう。
サドの作品は知的好奇心に駆られて手にする読者が多いはずだが、『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』は必ずやその好奇心を満たしてくれる作品であると言えるはずだ。

『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』は、そのタイトルのとおり、逆境にも堕落しない心を持った美徳の鑑とも思われるジュスチーヌが、数々の悪人たちの手玉に取られ、倒錯的行為の餌食に成り果てるという、不幸な淑女の一代記を描いた作品である。
前代未聞の不幸の連続に驚嘆させられながらも、読者は勧善懲悪とは真逆に位置するサドの思想に直面することを迫られる。
ジュスチーヌの姉妹であるジュリエットを主人公にした『ジュリエットまたは悪徳の栄え』は、『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』と対を成し、互いに補完し合う、まさに姉妹編と言うべき作品なので、サドの思想を掘り下げたい方はそちらも一読すべきだろう。

『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』に限らず、サドの作品は、どれだけ物語性に富んでいようと、いかにサドの思想を伝えるものであろうと、素直に他人にお勧めできる類の作品ではない。
多くの読者が受け入れられないはずのグロテスクさを備えているのがその理由で、その点に関しては比較的読みやすい部類に入るはずの『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』も決して例外ではないと言える。
そういう意味では、サドは読者の側に一定の覚悟を要求するという、稀有な作家の一人なのだろう。

サドの作品を読めばそれだけサディズムに対する理解が深まるというものでもないが、今日の心理学や現代思想におけるキーワードの一つであるサディズムが、その重要性からいって看過できない代物であることは間違いない。
衝撃的な読書体験をも辞さないという方は、ぜひ『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』を読んでみていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。