『平凡物語』 ゴンチャロフ(岩波文庫)

平凡物語(上) (岩波文庫)平凡物語(上) (岩波文庫)平凡物語(下) (岩波文庫)平凡物語(下) (岩波文庫)

書名:平凡物語
著者:イワン・ゴンチャロフ
訳者:井上 満
出版社:岩波書店
ページ数:300(上)、432(下)

おすすめ度:★★★★




オブローモフ』で知られるゴンチャロフの作家生活における最初の小説がこの『平凡物語』である。
ゴンチャロフというと、少々手ごわい作家というイメージを持っている方もいるかもしれないが、一般的に文体は非常に平易で、特にこの『平凡物語』は内容にも難解さが見受けられず、たいへん読みやすい作品となっている。
ゴンチャロフの長編の中では短い部類なので、ゴンチャロフに関心のある方は、まずこの『平凡物語』を読んでみていただきたいと思う。

高い理想を抱いた田舎の青年が都会に出て行き、都会の現実に接する。
世間の人々の行動規範は、彼の思い描いていたような美しいものではなく、利己的で、欺瞞に満ちたものだった・・・。
処世訓に富み、現実的な考え方を持つ彼の叔父との興味深い会話は、そのすべてがとは言わないまでも、現在にまで通ずる部分もあり、そういう意味では『平凡物語』のテーマはいまだに古びていないはずだ。

『平凡物語』のストーリー展開は、やはりいささか「平凡」であると言わざるをえない。
しかし、『平凡物語』は都会と田舎の対比を描くだけでなく、主人公とその叔父という、老若の対比も作品の主軸となっている。
『平凡物語』の読者は、大人らしく考え、大人らしく振舞うことの良し悪しに対して、改めて考えさせられるのではなかろうか。

『平凡物語』は、『オブローモフ』、『断崖』に連なる三部作の第一作目ということもあり、ゴンチャロフを本格的に読んでみようという方が真っ先に手にすべき作品であるとも言える。
激動のあらすじを期待することはできないが、それでも独特の読み応えを備え、さらには当時のロシア社会の一面を巧みに描き出した作品として、ロシア文学ファンにはお勧めの作品だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク