スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゴンチャローフ日本渡航記』 ゴンチャロフ(講談社学術文庫)

ゴンチャローフ日本渡航記 (講談社学術文庫)ゴンチャローフ日本渡航記 (講談社学術文庫)

書名:ゴンチャローフ日本渡航記
著者:イワン・ゴンチャロフ
訳者:高野 明、島田 陽
出版社:講談社
ページ数:448

おすすめ度:★★★★




鎖国中の日本に開国を迫るため、日本を訪れたロシアの軍艦パルラダ号に、秘書官として乗り組んでいたゴンチャロフによる記録がこの『ゴンチャローフ日本渡航記』である。
ゴンチャロフらしい平明かつ達意の文体で書かれていて読みやすいので、タイトルに興味を感じた読者を裏切ることは少ないのではなかろうか。

小笠原諸島を経て長崎へと入港したパルラダ号は、長崎の奉行に公文書を渡し、その後謁見の儀を行うのだが、日本側にとっては外国人とのやり取りは極めてデリケートな問題であるため、遅々として進まないことに苛立つゴンチャロフだったが・・・。
いくらか文明的に見て劣った日本を見下ろしているように感じられなくもないユーモラスな表現にも出会うが、それらも我々が不快に感ずるほど偏見に満ちたものではないように思う。
異国人であるゴンチャロフが江戸時代の男性の髪型を見て滑稽に感じたとしても何ら不思議はないし、そもそも渡航記とは筆者の印象、所感を綴るべきものであることを考え合わせれば、そのことを本書で表明するのも当然といえば当然のことだろう。

『ゴンチャローフ日本渡航記』は、『フリゲート艦パルラダ号』という大部の著作の中から日本に関する部分のみを抜粋し、訳出したものとなっている。
全訳を好まれる方の中には不満を覚えられる方もおられるかもしれないが、訳者による注が充実していることもあって、個人的には抄訳であることにそれほど物足りなさを感じることなく読み終えることができた。

19世紀のロシアを代表する作家の一人であるゴンチャロフが日本を訪問し、その時の体験を事細かに文章として残していたというのは、日本人にとって幸運としか言いようがないのではなかろうか。
ゴンチャロフはもちろん、幕末の日本を外国人がどのように見ていたかに関心のある方は、ぜひ本書を手にしていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。