『ムツイリ・悪魔』 レールモントフ(岩波文庫)

ムツイリ・悪魔 (岩波文庫)ムツイリ・悪魔 (岩波文庫)

書名:ムツイリ・悪魔
著者:ミハイル・レールモントフ
訳者:一条 正美
出版社:岩波書店
ページ数:185

おすすめ度:★★★★




散文作品である『現代の英雄』の作者として有名なレールモントフであるが、詩人としての業績にもプーシキンと肩を並べるものがある。
そんなレールモントフの代表的な叙事詩を二編収録したのが本書『ムツイリ・悪魔』だ。
初版の出されたのが古いので多少訳文が古いのは事実であるが、それほど読みにくくはないし、ストーリー性のある叙事詩はやはりすんなりと読み進めることができるだろう。

『ムツイリ』は、幼くして修道院の壁の中での暮らしを強いられることになったにもかかわらず、自由を求めてやまない青年を描いた作品だ。
一方『悪魔』では、恋する悪魔と、内心の葛藤を思い悩む乙女を描いている。
両作品ともにロマン主義の色合いが強く、ひょっとするとこの『ムツイリ・悪魔』は、邦訳が出版されているロシア文学の中で最もロマン主義を感じさせる一冊になっているかもしれない。

『ムツイリ』も『悪魔』も、レールモントフを語る上で必ず取り上げられるロシア南部の辺境の地、コーカサス地方を舞台にしている。
一読しただけでは、詩の登場人物たちとレールモントフとの間に直接的な関係性はないように思われるかもしれないが、解説で述べられているレールモントフの境遇を読んでいくうちに、いずれの作品中においてもレールモントフの精神が息づいているのだと気付かされることだろう。

『ムツイリ・悪魔』の読者は、レールモントフらしい美しいイメージや高尚な観念の連なりに触れ、心の中でその余韻に浸らずにはいられないように思う。
それと同時に、レールモントフの邦訳作品の少なさを惜しむことにもなるのではなかろうか。
現代の英雄』でレールモントフに興味を持たれた方や、プーシキンの作風が気にっている方は、ぜひ本書『ムツイリ・悪魔』を手にしていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク