『極北の地にて』 ジャック・ロンドン(新樹社)

極北の地にて極北の地にて

書名:極北の地にて
著者:ジャック・ロンドン
訳者:辻井 栄滋、大矢 健
出版社:新樹社
ページ数:216

おすすめ度:★★★★




ジャック・ロンドンによる、アラスカやユーコンなどのアメリカ大陸の北端を舞台にした作品を集めた短篇集が本書『極北の地にて』である。
ロンドンといえば代表作である『荒野の呼び声』と『白い牙』によって極北の地を舞台にした作品のイメージが強いが、本書の収録作品の執筆時期は十年に及んでおり、作家生活のさほど長くなかったロンドンが酷寒の地を舞台にした作品を書き続けていたことがわかるというものだ。

短篇集『極北の地にて』は、その表題作の他に『生の掟』、『老人たちの結束』、『千ダース』、『生命にしがみついて』、『マーカス・オブライエンの行方』、『焚き火』の計七作品を収録している。
いずれの作品も、舞台となっている地域の環境の厳しさに由来するのか、それほど明るい内容にはなっていないが、『千ダース』や『マーカス・オブライエンの行方』などでは、ユーモアと呼んでも過言ではないほどの軽快・明朗な雰囲気が支配的であったりもする。

とはいえ、本書の収録作品における醍醐味は、『極北の地にて』、『生命にしがみついて』、『焚き火』にて顕著に表されているような、一歩誤れば命を落としかねない環境に置かれた人間が生き抜こうとする力や意志の表現なのではなかろうか。
しばしば金銭欲が絡んでいたり、他者を顧みないエゴイズムが描かれていたりもするが、そのような人間存在の負の面も各人に肉体的・心理的なゆとりの少ない「極北の地」だからこそいっそう明確になってくる部分であることは間違いないだろう。

決してアラスカものばかり書いていたわけではないロンドンの短篇作品の中から、一つのジャンルのみに焦点を当てたのが本書であるが、おそらく『極北の地にて』においてはその偏り自体が長所になっていると言えるはずだ。
事実、本書は切っても切れない間柄であるロンドンと極北の地とのつながりを読者の前に明示してくれている。
ロンドンに興味のある方はぜひ読んでみていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク