『響きと怒り』 フォークナー (岩波文庫)

響きと怒り (上) (岩波文庫)響きと怒り (上) (岩波文庫)響きと怒り (下) (岩波文庫)響きと怒り (下) (岩波文庫)

書名:響きと怒り
著者:ウィリアム・フォークナー
訳者: 平石 貴樹、新納 卓也
出版社:岩波書店
ページ数:391(上)、333(下)

おすすめ度:★★★★★




アメリカ文学の中で特に難解な作家として知られるフォークナーの代表作がこの『響きと怒り』である。
小説のあらすじや思想性よりもその実験的な手法が話題になることが多いが、事実、その書き方は大いに注目に値するものなので、それを体験するためだけに読むというのもありではないかと思う。
『響きと怒り』はフォークナーらしい難解さが発揮されている作品であるが、同じく「意識の流れ」の作家として知られ、文体の実験を過度に推し進めたジョイスの後期作品よりもはるかに読みやすいので、敷居はそう高くないと言えるのではなかろうか。

『響きと怒り』はアメリカの南部社会における名家が没落していく過程を4部構成で描いている。
中心となる視点人物が各部によって異なる上に、その時間軸も必ずしも一定ではなく、特に知的障害を抱えた登場人物が視点となっている箇所の記述は錯綜しており、内容の把握に苦労する読者もいるかもしれない。
他にも一筋縄ではいかない部分が多く、読者は頭の中でもつれ合った糸をほどいていくような感覚を覚えるのではないかと思う。
『響きと怒り』のような作品は、最後まで読み通すという体験にも意義があるはずなので、少しくらい不明な点があっても読み進めることをお勧めしたい。
響きと怒り (講談社文芸文庫)響きと怒り (講談社文芸文庫)

アメリカ文学を代表する作品でもある『響きと怒り』は、いくつかの文学全集に収録されている他にも、右に示すように講談社文芸文庫からも出されている。
読みやすさや注釈の充実度からいって個人的には岩波文庫の方をお勧めしたいが、一冊にまとまっている講談社文芸文庫版も悪くない選択肢かもしれない。

『響きと怒り』が読者に求めるのは、作品に書いてあることをただ読んでいくという受動的な姿勢ではなく、一人一人の読者が判断力を働かせながら読むという能動的な姿勢であるように思う。
個性の強さゆえに好き嫌いが明確に分かれる作品なのだろうが、各人の読書経験の中で、良きにしろ悪しきにしろ『響きと怒り』が印象深い作品の一つになることだけは間違いないはずだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク