『エミリーに薔薇を』 フォークナー(福武文庫)

エミリーに薔薇を (福武文庫―海外文学シリーズ)エミリーに薔薇を (福武文庫―海外文学シリーズ)

書名:エミリーに薔薇を
著者:ウィリアム・フォークナー
訳者:高橋 正雄
出版社:福武書店
ページ数:295

おすすめ度:★★★★




福武文庫から出されているフォークナーの短編集が本書『エミリーに薔薇を』である。
収録作品は新潮文庫版の『フォークナー短編集』と半数が重複しているが、新潮文庫版とは異なる観点から選ばれている作品も訳出されているため、フォークナーの短編作品に関心のある読者にとっては魅力的な一冊であると言えるのではなかろうか。

本書の収録作品のうち、『赤い葉』、『エミリーに薔薇を』、『あの夕陽』、『ウォッシュ』の4作品が『フォークナー短編集』にも収録されているが、一方で『正義』、『女王ありき』、『過去』、『デルタの秋』の4作品は収録されていない。
『正義』は『赤い葉』の姉妹編とも言うべきインディアンものであり、サートリス家を描いた『女王ありき』はいかにもフォークナーらしい書きぶりである。
また、フォークナーが創造した作中人物の中で注目に値する人物としてアイザックがいるが、そのアイザックの誕生以前を扱った『過去』と、アイザックの晩年の様子をありありと映し出す『デルタの秋』は、アイザックものの読者を楽しませること疑いなしだ。

『女王ありき』と『デルタの秋』からは、アメリカ南部の抱える暴力性を多く描いてきたフォークナーの手になるものとは思えないほどの落ち着きや諦念が読み取られるように思う。
そういう意味では、本書『エミリーに薔薇を』から作家としてのフォークナーの変遷を窺い知ることができるかもしれない。

フォークナーの短編集として比較した場合、収録作品の内容の質でいうと新潮文庫版の『フォークナー短編集』のほうがより幅広くフォークナーの作品を紹介しているように思われるが、より深くフォークナーに迫ることのできるのは福武文庫版であるような気がする。
フォークナーの短編世界に深入りしたい方はぜひ本書を手にしていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク