『モンテ・クリスト伯』 デュマ(岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈2〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈2〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈3〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈3〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈4〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈4〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈5〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈5〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈6〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈6〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈7〉 (岩波文庫)モンテ・クリスト伯〈7〉 (岩波文庫)

書名:モンテ・クリスト伯
著者:アレクサンドル・デュマ
訳者:山内 義雄
出版社:岩波書店
ページ数:353(一)、356(二)、335(三)、333(四)、353(五)、361(六)、366(七)

おすすめ度:★★★★★




デュマの作品中において、『三銃士』と双璧を成すとも言える代表作として知られているのがこの『モンテ・クリスト伯』だ。
かつては『岩窟王』という邦題で紹介されていた作品で、子供向けのダイジェスト版も非常に普及しているので、一度は読んだことのある方も多いのではなかろうか。
原作はなかなか長大であるが、さすがデュマだけあってその読みやすさは全7冊というボリュームを感じさせないほどのものなので、臆することなく気楽に読み始めていただければと思う。

知人に陥れられ、無実の罪で生涯孤島に幽閉される身となったエドモン・ダンテス。
孤島からの決死の脱獄に成功した彼は、巨万の富を手に入れてモンテ・クリスト伯と名を替えパリの社交界に現れる。
そしてかつて彼を陥れてすべてを奪った人々に対する狡猾で壮絶な復讐劇が幕を下ろす・・・。
作品自体のボリュームによる部分も大きいかもしれないが、一度読めばそのあらすじと作品に対する印象が長く記憶に留まることは間違いないだろう。

『モンテ・クリスト伯』は平たく言ってしまえば復讐物語なのだが、そこにグロテスクさがほとんどないのが特徴で、誤解を恐れずに言えば、上品で洗練された復讐劇とさえ言えるのではなかろうか。
これはデュマの作品に共通する特徴でもあるが、ひょっとすると、この上品さこそが、モンテ・クリスト伯が多くの読者の共感を得ることができる理由なのかもしれない。
モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫)モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫)

意外と全訳の種類の少ない『モンテ・クリスト伯』だが、岩波文庫版は右に挙げたように7冊セットとして入手することも可能なようだ。
読者が途中で投げ出すような作品ではないし、特に終盤の緊張感とスピード感は類まれなものがあるので、ぜひ最後まで読み通し、人間味に富んだ登場人物たちが織り成すストーリーを存分に楽しんでいただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク