『ヘンリー・ジェイムズ短編選集―「オズボーンの復讐」他四編』 (関西大学出版部)

ヘンリー・ジェイムズ短編選集―「オズボーンの復讐」他四編ヘンリー・ジェイムズ短編選集―「オズボーンの復讐」他四編

書名:ヘンリー・ジェイムズ短編選集―「オズボーンの復讐」他四編
著者:ヘンリー・ジェイムズ
訳者:李春喜、中村善雄、村尾純子
出版社:関西大学出版部
ページ数:247

おすすめ度:★★★★




ジェイムズの比較的初期の短編作品五編を訳出したのが本書『ヘンリー・ジェイムズ短編選集―「オズボーンの復讐」他四編』である。
収録作品はいずれも本邦初訳とのことなので、ジェイムズの短編集をすでに読んでいる方でも他の短編集との重複を気にする必要はないようだ。
また、収録作品に後期作品のような難解さはないので、気軽に手にしていただければと思う。

本書には表題作の『オズボーンの復讐』の他に、『ブリソー氏の恋人』、『ファーゴー教授』、『ローズ・アガサ』、『ロングスタッフ氏の結婚』が収録されている。
中でもお勧めなのは、自殺した友人を弄んだ女性に復讐を試みる『オズボーンの復讐』で、誰が何をどこまで知っているのかが曖昧なまま話が進むという、ジェイムズならではの「主知主義」的小説世界が読者の好奇心を強く引き付けるに違いない。

死期を間近に控えたロングスタッフ氏の恋を主題とした『ロングスタッフ氏の結婚』も秀逸な作品だ。
どこか『鳩の翼』を思い起こさせるような作風であるが、40ページそこそこの紙幅で、読後にここまで深みのある印象を残してくれる作品も少ないように思われる。
上述の二作と比べると多少平板な作品であるようにも思える『ローズ・アガサ』でさえ、ストーリーテラーとしてのジェイムズの勢いが読者を牽引してくれることだろう。

今世紀に入ってもしばしばジェイムズの作品の新しい訳書が出版されていることは、今日的な観点からしてもやはり彼の作品が面白いということの証明であるようにも考えられるが、裏を返せばこれまでジェイムズが十分に紹介され尽くしていなかったとも言えるのではなかろうか。
初期の短編作品という未紹介の分野に光を当てる本書『ヘンリー・ジェイムズ短編選集―「オズボーンの復讐」他四編』、同じ訳者による『ヘンリー・ジェイムズ短編集-「ねじの回転」以前』と合わせてお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク