『アブサロム、アブサロム!』 フォークナー(岩波文庫)

アブサロム、アブサロム!(上) (岩波文庫)アブサロム、アブサロム!(上) (岩波文庫)アブサロム、アブサロム!(下) (岩波文庫)アブサロム、アブサロム!(下) (岩波文庫)

書名:アブサロム、アブサロム!
著者:ウィリアム・フォークナー
訳者:藤平 育子
出版社:岩波書店
ページ数:384(上)、416(下)

おすすめ度:★★★★★




アブサロム、アブサロム!(上) (講談社文芸文庫)アブサロム、アブサロム!(上) (講談社文芸文庫)アブサロム、アブサロム!(下) (講談社文芸文庫)アブサロム、アブサロム!(下) (講談社文芸文庫)
小説家としてのフォークナーに脂が乗り切っていた時期に書かれたのがこの『アブサロム、アブサロム!』である。
以前は右の講談社文芸文庫版で読むのが一般的だったように思うが、数年前に岩波文庫からも出版され、より多くの読者に読まれる機会を得たのではなかろうか。
斬新かつ難解な作品であるために少々取っ付きづらいかもしれないが、フォークナーに興味のある方には強くお勧めしたい作品だ。

アメリカ南部の小さな町ジェファソンに忽然と姿を現したトマス・サトペン。
彼の真の意図も、彼が持つ莫大な資金の出所もあやふやながら、彼はいつの間にか広大な地所を備えた豪華な屋敷を築き上げてしまう。
そんな彼が次に始めたのは嫁探しだった・・・。
数十年にも及ぶ時間軸の上を行き来しながら、『八月の光』のクリスマスに匹敵するような強烈な個性を備えたトマス・サトペンとその一家を描き上げた『アブサロム、アブサロム!』は、あたかも一大歴史絵巻を紐解いているかのような大作と言えると思う。

『アブサロム、アブサロム!』の読者には、彼の短編作品『ウオッシュ』の一読をお勧めしたい。
ウオッシュ』のあらすじは『アブサロム、アブサロム!』によってすべて述べられているので新たな発見はないだろうが、『アブサロム、アブサロム!』の読者ならではの感銘が期待できる。
同じ作品が新潮文庫の『フォークナー短編集』ではタイトルが『孫むすめ』というふうに意訳されているのは、一つの短編小説として独立して読んだ場合、「ウオッシュ」という語のニュアンスが伝わらないからなのだろう。

段落も文も一つ一つが長く、時系列も主語も転々とし、事実と推測とが入り混じる文章が連綿と続く『アブサロム、アブサロム!』。
その内容を正確に把握していくためだけでもけっこうな努力を読者に強いるのではないかと思うが、この文体に一度はまるとやみつきになってしまうような奇妙な魅力があるのもまた事実である。
苦労してでも読み通す価値のある傑作であることは間違いないので、ぜひ挑戦してみていただきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

修道士とか僧侶とか

こういう状態は、聞いている限り、楽そうです。たいていの人は毎日忙しくてうんざりしていますから、ひまにあこがれる。楽そうだな、良いなあ、と思います。しかし実際自分がそれになってみると、楽ではない。むしろつらい。つらいけれどもその状態を守る。まるで修行僧...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク