『メアリー・スチュアート』 デュマ(作品社)

メアリー・スチュアートメアリー・スチュアート

書名:メアリー・スチュアート
著者:アレクサンドル・デュマ
訳者:田房直子
出版社:作品社
ページ数:285

おすすめ度:★★★★




本書『メアリー・スチュアート』は、あまり知られてこなかったデュマの初期作品の一つであり、本書が本邦初訳となる。
『有名な犯罪』というシリーズ中の一作がこの『メアリー・スチュアート』なのだが、読み応え十分な文章量からして一個の独立した作品とみなして差し支えはないように思う。
小説というよりは伝記といった書き方の作品であるが、メアリーの辿った数奇な人生はたいへん興味深く、最初から最後まで読者を退屈させることはないはずだ。

フランスの王妃、さらにはスコットランドの女王という高貴この上ない身分であったにもかかわらず、彼女を敵視していたイングランドの女王エリザベス1世によって斬首されることになったメアリー・スチュアート。
個人的な憎悪と政治的な駆け引きとにその命を翻弄された観のあるメアリーの悲劇は、やはり何百年も経た異国の読者の胸を打つものを秘めているのではなかろうか。

本書の関連作品としては、シラーの『マリア・ストゥアルト』を紹介しておきたい。
史実に忠実ではない部分もあるものの、メアリーだけではなくエリザベスにも重点を置いた戯曲になっていて、メアリー・スチュアートを扱った文学作品としては代表的なものに数えられるようだ。
特に、エリザベスの不正な行いを暴き立てる意図のあるデュマの『メアリー・スチュアート』と合わせて読むと、読者に幾分か新鮮な見方を提供してくれることになるかもしれない。

デュマといえば19世紀フランスを代表する多作の小説家であるし、『三銃士』や『モンテ・クリスト伯』を通じて日本でも非常に有名な作家であるにもかかわらず、翻訳出版は『三銃士』と『モンテ・クリスト伯』ばかりに集中していて、彼の作品が幅広く紹介されているとは言い難い状況である。
そんな中でこの『メアリー・スチュアート』のような知られざる初期作品が翻訳されたことはとても喜ばしいことであるように思う。
デュマに関心のある人すべてにお勧めしたい一冊だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク