『ヘンリー・ジェイムズ『ロンドン生活』他』 ヘンリー・ジェイムズ(英潮社)

ヘンリー・ジェイムズ『ロンドン生活』他ヘンリー・ジェイムズ『ロンドン生活』他

書名:ヘンリー・ジェイムズ『ロンドン生活』他
著者:ヘンリー・ジェイムズ
訳者:多田 敏男
出版社:英潮社
ページ数:310

おすすめ度:★★★★




ジェイムズの短編作品を、表題作を含んで三編収録しているのが本書『ヘンリー・ジェイムズ『ロンドン生活』他』だ。
取り扱われているテーマが上流社会の結婚生活や恋愛問題、そこに財産や社会的地位も絡んでくるといったジェイムズが最も得意とするジャンルであり、ジェイムズファンなら必ず楽しめる一冊なのではなかろうか。

独り立ちするだけの財産もなく他に身寄りもない妹が、裕福な姉夫婦の元で暮らしているというのが『ロンドン生活』の背景なのだが、その夫婦仲がまるでうまくいっておらず、姉が軽薄な振る舞いをやめないものだから・・・。
約200ページに及ぶ中編と呼んでもよい作品であり、きめ細かな心理描写が随所に見られるので、読者の側にも登場人物の微妙な心の振幅をとらえていくことが求められるように思う。
過去に結婚しかけた相手の女性と再会するという『ルイザ・パラント』は、読者の側にも主人公である「私」同様に真実が見えにくいというジェイムズ作品特有の面白さが強い作品だ。
『ロンドン生活』と『ルイザ・パラント』は、いずれも幕切れが駆け足になってしまっているのが少し残念な気がしないでもないが、それもジェイムズ流の焦点の当て方と言ってしまえばそれまでなのかもしれない。

『フォーダムの館』は、家族から邪魔者扱いされて追い払われ、ひっそり隠れて生きている近親者という珍しい状況を扱っている。
疎外感に満ちた暗い作品というわけでもなく、晩年の作品にしては読みやすいほうだと思う。

一般的に言って、ジェイムズの作品というのはどれも非常にジェイムズらしいというか、どの作品でもジェイムズならではの筆致に出会うことができるものであるが、本書に収録されている『ロンドン生活』、『ルイザ・パラント』、『フォーダムの館』もその例外ではない。
収録作品はいずれも決して有名な作品ではないものの、ジェイムズに興味のある人にならばお勧めできる一冊だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク