『マーティン・イーデン』 ジャック・ロンドン(本の友社)

ジャック・ロンドン選集―決定版 (4)ジャック・ロンドン選集―決定版 (4)

書名:マーティン・イーデン
著者:ジャック・ロンドン
訳者:辻井 栄滋
出版社:本の友社
ページ数:331

おすすめ度:★★★★★




ジャック・ロンドンが作家として脂ののりきっていた時期に書かれた長編作品がこの『マーティン・イーデン』である。
動物小説、海洋小説、SF小説などといった複数の顔を持つロンドンであるが、本書においては芸術家小説に手を染め、そしてそれを見事な作品に仕上げている。
主人公のマーティンにロンドン自身の自伝的要素が色濃く反映されているということもあり、ロンドンに興味のある方には強くお勧めしたい一冊だ。

カリフォルニアの貧しい労働者階級に生まれ育ち、粗野な荒くれ者として船乗り稼業で日々を送っているマーティン・イーデン。
そんな彼がひょんなことから上流家庭に出入りするようになり、上流家庭の暮らしとその家の美しい令嬢ルースに魅せられてしまう。
ルースに導かれながら、十分な教養を身につけた作家になるべく精進を始めたマーティンは、作家として成功することができるのか・・・。
時折哲学や社会思想が話題になるものの、さすがはロンドンだけあって全体的には非常に読みやすくわかりやすい作品になっている。
乱暴者ではあるけれども好感の持てるマーティンの境遇の浮沈に、読者はいつしか最大限の共感を覚えながら本書を読み進めていることだろう。

ジャック・ロンドン選集の第4巻である『マーティン・イーデン』は、ページ数が300ページそこそこと決して分厚い本ではないが、活字が上下二段組になっている文章量豊富な長編である。
内容的な読み応えも十二分に備えているし、本書がロンドンの代表作として世間に広まったとしても何の不思議もないと思う。
芸術としての文学に対してロンドンの信条を告白していると取れる箇所をふんだんに盛り込んだ『マーティン・イーデン』から、ロンドンの意外な一面をぜひ読み取っていただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク