『セルバンテス短篇集』 セルバンテス(岩波文庫)

セルバンテス短篇集 (岩波文庫)セルバンテス短篇集 (岩波文庫)

書名:セルバンテス短篇集
著者:ミゲル・デ・セルバンテス
訳者:牛島信明
出版社:岩波書店
ページ数:375

おすすめ度:★★★★




ドン・キホーテ』で知られるセルバンテスの短編作品四編を収録したのが本書『セルバンテス短篇集』である。
スペインにおける近代的な文学の創始者の一人と目されるセルバンテスの短編作品は文学史的に見て価値の高いものであろうから、スペイン文学やセルバンテスに興味のある方には本書は必読の書となるはずだ。

本書には『やきもちやきのエストレマドゥーラ人』、『愚かな物好きの話』、『ガラスの学士』、『麗しき皿洗い娘』の四編が訳出されている。
自らの親友に頼んで美しき妻の貞淑を試そうという『愚かな物好きの話』は、実は『ドン・キホーテ 前篇』で語られる挿話の一つなのだが、短篇集の中の一作品として接することで、ドン・キホーテの活躍を期待するあまりについ読み飛ばしてしまいがちの短編作品を改めて読んでみるいい機会になると思う。
主人公が自分のことをガラスでできていると信じ込んでしまう『ガラスの学士』は、一見すると理性的に見える狂人を扱っている点で『ドン・キホーテ』と重なる部分があるので、『ドン・キホーテ』の読者の注意を強く引き付けることだろう。

本書の中で一番長い作品である『麗しき皿洗い娘』は、そのストーリー展開自体というより、話の運び方が興味深い作品であるように思う。
あらすじとは直接的に関係のなさそうなところが数多く語られることで重層的な作品世界を醸し出しつつ、最後にはそれらがすべてしっかりとまとまっているのである。
この作品からセルバンテスの構成の才を感じ取るのは私だけではないのではなかろうか。

代表作があまりにも偉大であるセルバンテスはやはり『ドン・キホーテ』の存在抜きでは語ることができないが、『ドン・キホーテ』との関連から見てもこの『セルバンテス短篇集』には大いに興味深いところがある。
セルバンテスの短編はとかく等閑視されがちではあるが、『ドン・キホーテ』の読者には本書の一読をお勧めしたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク