『アルハンブラ物語』 アーヴィング (岩波文庫)

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈下〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈下〉 (岩波文庫)

書名:アルハンブラ物語
著者:ワシントン・アーヴィング
訳者:平沼 孝之
出版社:岩波書店
ページ数:367(上)、442(下)

おすすめ度:★★★★★




アーヴィングの代表作の一つがこの『アルハンブラ物語』である。
その名の通り、スペイン屈指の観光スポットであるアルハンブラ宮殿にまつわる故事や伝説を集めた本であると同時に、アルハンブラ宮殿にまつわるアーヴィング自身の旅行記にもなっている。
本書のおかげでアルハンブラ宮殿の知名度が高まったという経緯もあることから、アルハンブラ宮殿とは切っても切り離せない、必携、必読のガイドブックとも言えるのではなかろうか。

アーヴィングの作品には、わかりやすい文章中に趣深さが織り込まれているという印象があるが、『アルハンブラ物語』の記述もその例に漏れず、イスラム文化全般に対する初心者でもとっつきやすい記述に終始していながら、読者の心に訴えかける情緒にも富んでいるように思う。
その上、本書の場合は言葉だけでは把握しにくい部分を豊富なイラストが補ってくれるので、「獅子のパティオ」といったポイントは確実に押さえることができる。
アーヴィングならではの優しく気品に満ちた文体で描き出されるアンダルシア、その情景に触れて旅情をそそられない読者は皆無なのではなかろうか。

国や地域に関する紀行文に著名なものはいくつかあるが、一つの建物とそれを取り巻く環境に的を絞った作品で『アルハンブラ物語』ほど有名な古典的作品は他にないような気がする。
ある意味で一つのジャンルの頂点に位置するのが『アルハンブラ物語』であると考えても、必ずしも過大評価したことにはならないように思うがいかがだろうか。

言うまでもないことではあるが、アルハンブラ宮殿と『アルハンブラ物語』とは、互いが互いを高め合うとでもいおうか、絶妙な相乗効果を生み出してきたし、これからも新たな読者を得る度に生み出し続けることだろう。
スペインが誇る入り組んだ歴史と独特の風情漂うグラナダ、あの美しい町をこれから訪れる予定の方、もしくは過去に訪れたことのある方はもちろん、スペインに少しでも興味のある方はぜひ本書を手にしてみていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク