『ブレイスブリッジ邸』 アーヴィング (岩波文庫)

ブレイスブリッジ邸 (岩波文庫)ブレイスブリッジ邸 (岩波文庫)

書名:ブレイスブリッジ邸
著者:ワシントン・アーヴィング
訳者:齊藤 昇
出版社:岩波書店
ページ数:380

おすすめ度:★★★★★




スケッチ・ブック』の続編として位置付けられる作品がこの『ブレイスブリッジ邸』である。
というのも、『スケッチ・ブック』中のクリスマスをテーマとした連作をベースにしているのが『ブレイスブリッジ邸』であるからで、『スケッチ・ブック』の読者にとってはおなじみの舞台と登場人物に再会できるわけである。
スケッチ・ブック』の続編として位置付けられるとはいえ、前者が雑記帳風の作品であったのに対し、舞台やテーマに一貫性があるというのが『ブレイスブリッジ邸』の特徴になっている。

アメリカ人である筆者が、イングランドの片田舎にあり、婚礼を控えたブレイスブリッジ邸に招かれる。
古き良き時代に憧れている好人物の地主、豊かな人情味と滑稽味を備えたマスター・サイモンなど、そこに暮らす様々な人物が生き生きと活写されている。
『ブレイスブリッジ邸』が描き出す美しい作品世界は善意に満ちており、読者は一種のユートピアにでもいるような心地よさを覚えるのではなかろうか。

岩波文庫版の『ブレイスブリッジ邸』にはふんだんに挿絵が織り込まれており、本書を非常に親しみやすく、そして読みやすくしている。
新訳なので文章自体もとっつきやすく、堅苦しい議論に出会うこともないし、細かい章立てがなされているというのもあり、読みやすさは岩波文庫中でもトップクラスに入る作品なのではなかろうか。
もちろん単に読みやすいだけでなく、そこにアーヴィング風の哀愁を帯びた味わいが盛り込まれているのは言うまでもない。

『ブレイスブリッジ邸』は、アーヴィングの代表作とみなしても構わないほどに優れた作品であるように思うが、意外にもこの岩波文庫版が本邦初訳とのことらしく、近年の岩波文庫のアーヴィング作品の充実ぶりはありがたい限りである。
この調子で次はアーヴィングの何を刊行してくれるのかと期待がかかるところではあるが、まずは『スケッチ・ブック』と『ブレイスブリッジ邸』を二作品続けてお楽しみいただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク