『シャミラ』 フィールディング(朝日出版社)

シャミラシャミラ

書名:シャミラ
著者:ヘンリー・フィールディング
訳者:能口 盾彦
出版社:朝日出版社
ページ数:99

おすすめ度:★★★☆☆




トム・ジョウンズ』で知られるフィールディングの初期作品がこの『シャミラ』だ。
一世を風靡したリチャードソンの『パミラ』をパロディ化した書簡体の短編小説となっていることから、『パミラ』の内容を知っているほうがより一層楽しめるではあろうが、本書の場合は訳注が細かく補ってくれるので、必ずしも『パミラ』を読んでおく必要はないと言えるように思う。

若く美しい使用人であるシャミラは、ご主人であるブービー氏から常々言い寄られている。
彼女の思わせぶりな素振りに自らの欲望を焚き付けられて見境のなくなったブービー氏は、強姦まがいのことまでやってのけるほどであり・・・。
シャミラによる財産狙いの打算的な結婚に至るまでの裏事情が見事に描き出されていて、全般にストーリー性は強めと言えるだろう。
シャミラの愛人が牧師であるというのも、本書の反社会的な性格を決定づける設定の一つと思われる。

確固たる原作の存在するパロディ作品ということもあり、『シャミラ』のあらすじにフィールディングの独創性はあまり期待できないだろうが、その反面、フィールディングのユーモアセンスが本書の見どころの最たるものとなっている。
同じイギリス文学でも、ビクトリア時代のユーモアと違って、性的な事柄への言及が多く見られるのも特徴と言えるかもしれない。

いろいろな事情が予想されはするが、フィールディングは生前、本書『シャミラ』が自作であることを認めなかったらしい。
確かに自作であることを自負できるような名作とは言い難い作品ではあるが、『パミラ』に対する痛烈な皮肉として興味深いものであることは間違いない。
リチャードソンの愛読者に向いているとは思わないが、フィールディングに関心のある方にはお勧めできる作品だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク