『厄介な年頃』 ヘンリー・ジェイムズ(あぽろん社)

厄介な年頃厄介な年頃

書名:厄介な年頃
著者:ヘンリー・ジェイムズ
訳者:青木 次生
出版社:あぽろん社
ページ数:556

おすすめ度:★★★★




ジェイムズ後期の長編作品の一つがこの『厄介な年頃』である。
まるで戯曲を読んでいるかのような会話を中心とした作品なので、一見すると、後期ジェイムズの特徴である難解さがそれほど感じられない作品のように見えるかもしれない。
しかし、会話に込められた心理の機微は意外と奥深く、読み手次第でどこまでも作品世界を膨らませることが可能になるのではないかと思う。

結婚相手を探す年齢、いわゆる「厄介な年頃」の娘であるナンダが、交流の場であるサロンに新たに登場する。
魅力的な容姿を持つが決して裕福ではない青年ヴァン、見た目は醜いが莫大な資産を持つミチーの二人が花婿候補となっているところに、ナンダの祖母を恋していた独身の老人ロングドンが登場して・・・。
500ページを超える大作ではあるが、後期ジェイムズの作品にしては読みやすい文体で書かれており、読者の理解度の程度をあまり問わないとすれば、すらすら読み進めることができることは間違いないだろう。

ジェイムズのいつものやり方ではあるが、『厄介な年頃』にも、本人のいないところで他の登場人物の主観的判断によって語られる他人の思考や心情が頻繁に見受けられる。
いわば複数の「視点」が登場し、物語が進んでいくわけだが、それらの記述は全知全能の筆者による誤ることのない説明的語句とは異なり、話者の意図していない誤解もあれば故意に吐かれた虚偽もあったりと、読み手が素直すぎるとついそれに惑わされて間違った解釈をしてしまいかねない。
解説に書かれている内容がすべて正しいと主張する気はないけれども、本編の後で訳者による解説を一種の答え合わせとして読んでみると、思わぬ読み落としが見つかる方も多いのではなかろうか。

鳩の翼』、『大使たち』、『金色の盃』という三部作が有名すぎるからか、ほぼ同時期に書かれた『厄介な年頃』の知名度は低いというのが実情である。
実験的手法とでも呼ぶべきやや特殊なスタイルで書かれた作品ではあるが、ジェイムズの小説の持つ楽しさは最初から最後まで存分に味わうことのできる秀作なので、ジェイムズファンには強くお勧めしたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク