『こわれがめ』 クライスト(みすず書房)

こわれがめ―― 付・異曲 (大人の本棚)こわれがめ―― 付・異曲 (大人の本棚)

書名:こわれがめ― 付・異曲
著者:ハインリヒ・フォン・クライスト
訳者:山下 純照
出版社:みすず書房
ページ数:208

おすすめ度:★★★★




クライストの、ひいてはドイツ文学を代表する喜劇作品が、この『こわれがめ』である。
作品完成当初はあまり評価されず、後世の再評価によって名を高めたという作品ではあるが、滑稽味だけではなく風刺的な側面も備えていて、多くの読者を楽しませてくれるだろう。

オランダのとある田舎町で、顔に怪我を負った村長でもあり裁判官でもある一人の男が朝を迎え、頭の中も身の回りもろくに整理がつかないでいるうちに、司法官が抜き打ちで巡視に来てしまう。
司法官を前に普段通りの裁判を行う羽目になり、早速、壊れた甕の犯人を判定してほしいという事件が持ち込まれて・・・。
今日においても、裁判ドラマは人を魅了し続けているが、『こわれがめ』もその一種とみなすことができるだろう。
冗漫に感じられる部分もあるものの、全体的には謎が解き明かされていくスリリングさと滑稽さのバランスがよく、さすがに傑作と言われるだけのことはあるというものだ。
こわれがめ (岩波文庫)こわれがめ (岩波文庫)

日本でも何度か舞台で上演されたことがあるほどに有名な作品であるにもかかわらず、出版界からは不当とも言えるほどに等閑視されがちのこの『こわれがめ』は、古くは岩波文庫で読むのが主流だったのではなかろうか。
みすず書房から2013年に刊行された『こわれがめ』には、副題に「付・異曲」とあることからもわかるように、改作前のヴァリアントが収録されていて、読者がクライストの当初の意図に近付けるというのが長所になるだろう。
また、みすず書房版は訳注や解説が豊富なのも特徴となっており、『こわれがめ』をより深く理解し、楽しむことができるに違いない。

若くして自ら世を去る決断をしたクライストには、多くの作品を世に遺すだけの時間的ゆとりがなかったが、読み応えのある作品を書いた作家であることは誰もが認めることだろう。
代表作の『こわれがめ』を皮切りに、クライストの繊細な精神に触れてみていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク