『チリの地震―クライスト短篇集』 クライスト(河出文庫)

チリの地震---クライスト短篇集 (KAWADEルネサンス/河出文庫)チリの地震---クライスト短篇集 (KAWADEルネサンス/河出文庫)

書名:チリの地震―クライスト短篇集
著者:ハインリヒ・フォン・クライスト
訳者:種村 季弘
出版社:河出書房新社
ページ数:238

おすすめ度:★★★☆☆




戯曲作家として有名なクライストの短篇小説集が本書『チリの地震』である。
クライストが遺した短篇小説自体も数は決して多くはなく、少し長めの作品を除けば、本書ですべて読むことができるようだ。

本書には、表題作である『チリの地震』の他、『聖ドミンゴの婚約』、『ロカルノの女乞食』、『拾い子』、『聖ツェツィーリエあるいは音楽の魔力』、『決闘』の短編小説6篇と、『話をしながらだんだんに考えを仕上げてゆくこと』、『マリオネット芝居について』というエッセイ2篇が収録されている。
クライストの短篇小説は、全体的に暴力的な印象を受ける作品が多く、狂暴性とか破滅的といった表現がけっこうしっくり来る気がするが、それらの特徴とも相まって、筋書きが緊迫感に富んでいるとも言えるだろう。
個人的なお勧めは聖ドミンゴ島の白人と黒人の闘争を描いた『聖ドミンゴの婚約』で、展開のスリリングさから判断すれば本書随一なのではなかろうか。

本書に収録されているエッセイに関しては、おそらくは軽く読み流す読者が大半であろう。
かなりの数のエッセイを書いていたクライストではあるが、そもそもエッセイストとしてのクライストに強い期待を抱いている方も少ないだろうし、本書のエッセイ2篇にしても、それほどクライストという作家の精神を浮き彫りにする種類のものではないように感じられる。

イギリス文学でいうところのド・クインシーのように、クライストはドイツ文学界で美しい文章を書く散文家として知られているらしい。
残念ながら種村氏の訳文が美文であるとは言い難いのだが、本書『チリの地震』の中でいうと、エッセイ『マリオネット芝居について』あたりがそれを実感しやすいのではないかと思う。
そういう意味では、クライストに興味のある方だけではなく、ドイツ文学全般に関心のある方にもお勧めできる一冊だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク